やらない理由

外に出るのは面倒だが、ずっと家にいるのは嫌【No.40】

カレー沢氏がついにOLを辞めた⁉︎という話題でもちきりの日曜日。の、翌日は、もうこれを読むしかないです。編集担当の私自身もです。今回のテーマは休日の過ごし方ジレンマ。アウトドア派でもインドア派でもない皆様、かなり救われます。祝・連載40回!『やらない理由』書籍もぜひ。

今回のテーマは「外に出るのは面倒だが、ずっと家にいるのは嫌」だ。

外に出ることへの圧倒的面倒くささは理解できる。まず外に出ても大丈夫な服に着替えなければいけない。もしくは服自体を着ることからのスタートだ。そして、もともとの顔のデザインが外に出ていいレベルかどうかは置いといて、少なくともそれを清掃、場合によっては何らかを大量添付する必要もある。

歯も磨かねばならぬだろう。歯というと個人差はあるが、なんと20本ぐらいはある。流しに汚れた食器が20枚重ねてあったら絶望するだろう。歯磨きとはそのぐらいの絶望に対峙する行為だ。だがそれ以前に「聖母の蟻地獄」でおなじみの「オフトゥン」から出なくてはいけない。

面倒だ。

我々は「職質されずに外に出る」ために、これだけの万難を排さないといけない。面倒すぎてオフトゥンの中で休日を終えてしまう気持ちは良くわかる。それに対し「ずっと家にいるのは嫌」は一体何が「嫌」なのか。まず、この「嫌」の正体をつまびらかにしなければいけない。

まず「家に一酸化炭素が充満している」「今まさに燃えている」という理由で家にいるのが「嫌」と言う場合だ。これは出た方がいい。でも上記のような準備が面倒くさいし、と思っているかもしれないが、この場合は特例として身支度は免除されている。最悪服を着ていなくても、お咎めはないだろう。よって、歯とか磨かなくていいから、即刻外に出よう。

このような、命の危険性がある、全部屋の中央で何かが腐っているというような、家自体に「嫌」な要素がなければ、この「嫌」の正体は全て自分の心の問題である。

元々が外出好き、家でじっととしている方が苦痛、という人間なら、外出を面倒と思うこと自体ないはずだ。よって外出を面倒と思う人間は、そもそも外出が好きではない。または家が好きなのだ。

つまり、外出が好きでなく家が好きにも関わらず、それを「なんか嫌」と漠然と感じている者は休日を「自分の好きなことをする日」ではなく「外に出てなんかしなきゃいけない日」と勘違いしているのではないか。家にずっといるのが嫌なのではない。自分の中にある「正しい休日像」に反している自分が何か嫌なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

まだまだ、買ってない人いるんじゃない⁉︎ なんて、言ってみてすみません。

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

p_14321 オフトゥン…こんなに好きなのに1日一緒にいると罪悪感がわく… 1年以上前 replyretweetfavorite

marip_k 「コスパ最高リピ確定」なのが家である。!!まさに…!!/https://t.co/wFnwLVf4Pf 1年以上前 replyretweetfavorite

juni_ca_wa_ii 用事なければ家にいたい。外出の準備が面倒だしな……。ほんと、面倒なんだよ。お洒… https://t.co/vO26fdmCoV 1年以上前 replyretweetfavorite

aym_shima 別のコラムの自室同担拒否過激派ってワードもすごい好き… 1年以上前 replyretweetfavorite