フェル先生のさわやか人生相談

誰にも就職活動の相談をできません【269回】

一気に暖かくなってきた3月上旬。大学生は、就職活動に本腰を入れる時期でしょうか。今回フェル先生がお答えするのは、就活中の大学3年生のお悩み。自己分析等しなければいけないとはわかっているが、恥ずかしさか見栄か、誰にも相談できないと言います。そんな彼女に、フェル先生が就職活動とはなんたるかを教えてくれました。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

「他人」に相談することに抵抗があります。

こんにちは。私は大学3回生で、就活中の女性です。

就活をするにあたって自己分析が必要となり、またその分析結果を履歴書なり面接なりで充分に発揮できるようにしていく必要があるとはわかっています。

しかし、履歴書の添削や面接練習、元を辿れば就活全般の相談を他人にすることにとても抵抗があります。「他人」というのは、家族、彼氏、友人、先生、就活支援センターで履歴書の添削をしてくださる方を指します。

就活の素人である自分だけで就活をするより、客観的意見をくれる人や就活のプロに意見を貰うほうがいいとはわかっています。ですが、恥ずかしさ?見栄?いい顔しい?のせいで相談できずじまいです。

どのように心構えを変えれば、他人に相談できるようになるでしょうか。また、フェル先生からも何か就活へのアドバイスがあれば是非お聞きしたいです。

よろしくお願いします。

(21歳・女性・大学生・おもち)

A.就職活動中の大学3回生のお嬢さん。

「(自己分析の)分析結果を履歴書なり面接なりで充分に発揮できるようにしていく必要があるとはわかっています」「就活のプロに意見を貰うほうがいいとはわかっています」と、アレもコレもわかっているのよと平然と宣うあたりが、バブル期以来の「買い手市場」であることを伺わせます。あなたのような傲慢な姿勢の学生が出てくるとは、“人材不足ここに極まれり”、というところでしょうか。(就活生にとっては)いい時代になったものです。企業の採用担当者が読んだらダーッと脱力してしまいそうなご相談です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "ここは大事な点ですからよく聞いて下さい。あなたを会社に入れるかどうかを判定するのは、あなたとは縁もゆかりもない、見ず知らずの..." https://t.co/Iq2I1WuqEs https://t.co/1M6Z5Sys9u #drip_app 2年弱前 replyretweetfavorite

moxcha ドン引き…。学生がこれを間に受けないといいけど。 2年弱前 replyretweetfavorite