必ず二人が恋に落ちる36の質問

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

必ず二人が恋に落ちる36の質問

 1995年に心理学者のアーサー・アーロン教授は、非常に面白い論文を発表しました。それが「見ず知らずの男女を恋に落とす方法」です。アーロンは36の質問を考案しました。

 •二人で36の質問に答えあう
 •その後、2〜4分間見つめあう


 これだけで見ず知らずの男女が「恋に落ちる」というのです。
 この質問は、人間のパーソナリティや価値観に迫るものが多く、最初はライトなものが多いのですが、徐々にディープな内容が増えるようになっています。

 ルールは以下の通りです。

 1 1問ずつ、男女が交代に質問を読みあげる
 2 質問を読みあげた方が先に回答し、その後にもうひとりが回答する
 3 質問は飛ばしてはいけない

 問題を読みあげた人が最初に「自己開示」を行い、すると相手は「自分も話さなければ」という気持ちになって答える。これは「返応性の法則」でもあります。つまり、相手に何かもらうとお返しがしたくなるという法則で、プライベートな質問になるほど「自分にここまで話してくれたのだから」と好意を感じて、自分も話さなければと感じるようになっていくのです。
 結果的にアーロン博士の実験は成功し、二人の男女は恋人同士になったそうです。

 心理学的には「認知的不協和の解消」という理論を使ったものです。つまり人間は、恋人同士のように信頼関係ができるとプライベートで深い内容について話すようになりますが、先にプライベートで深い内容の会話をすることで、まったくの他人であっても脳は相手を「恋人」と認知するため、実際に恋人関係になってしまう可能性が高いのです。
 ニューヨーク・タイムズ紙の女性記者が、この方法を自身で実験し、その結果、本当に相手と恋愛関係になり結婚したという報告も。なお、この記者によれば、見つめあう時間は2分では短すぎ、「4分」がおすすめとのことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

luckyandrich1 https://t.co/xTwnoTEzVp もう 強引にコレを実行した方が良い気がしてきたなぁ! 3年弱前 replyretweetfavorite

love2010624 昔、初デートでコレをやって、めちゃくちゃ盛り上がってしまったが故に、2回目のデートでフリートークになった瞬間、話が合わずに大寒風が吹き荒れたことがあった。それほど、相互理解を兼ねた盛り上がりコンテンツとしては最強。https://t.co/dwo5CtqitS 3年弱前 replyretweetfavorite