妖怪処刑人 小泉ハーン

押し入り、斬り殺し、火を放て

一八九九年の奇妙に歪んだ日本。文明の光届かぬ開拓地で、妖怪狩りに明け暮れる男がいた。彼の名はラフカディオ・ハーン、またの名を、小泉八雲。
◆伝奇アクションホラー小説『妖怪処刑人 小泉ハーン』シリーズより「ラストハンター」編第3回!


 やがて時刻は丑三つ時(ウィッチング・アワー)。

 ゴーストタウンと化した鉱山町に、死臭をはらんだぬるい風が吹き込み、トロッコ残骸の陰に生える犬小月の茂みを揺らす。

 煌々と照る満月の下、傾いた四階建ての過剰増築旅籠屋ヒロシズ・インの前には、旅の芸者一座が使っていた馬車の残骸が転がっていた。

 瘦せた山犬が一匹、旅籠屋の闇の中から飛び出した。それは死の静寂に覆われた通りをタタッと走り抜け、町を出て山に逃げ帰ろうとしていた。犬が口に咥えているのは、厨房から奪った鶏肉か何かであろうか。否、腐り果てた人の手首であった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

今すぐ続きを読みたい方はこの本で!

ハーン・ザ・ラストハンター: アメリカン・オタク小説集 (単行本)

ブラッドレー・ボンド,杉 ライカ,本兌 有
筑摩書房
2016-10-26

この連載について

初回を読む
妖怪処刑人 小泉ハーン

ダイハードテイルズ

時は19世紀末。葵の御紋は未だ死せず。江戸城には無慈悲なる大老井伊直弼。永世中立交易都市たる京都神戸を境に、西部では薩長同盟が勢力を維持。一方、強化アーク灯の光届かぬ荒野には未だ魑魅魍魎が跋扈し、開拓地の人々を脅かし続ける。かくの如き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません