やらない理由

軽いやきもちは嬉しいが、束縛されるのは嫌【No.38】

やきもちが加速して「重い……」、そんなふうにお付き合いしている相手のことを思ったり思われたりした経験はありませんか? 今回はそんな「やきもち」ジレンマです。この問題、カップルはもちろん、知人友人間でも案外多い模様。さあ今週もカレー沢薫氏のお力でスッキリさせてもらいましょう。


今回のテーマは「軽いやきもちは嬉しいが、束縛されるのは嫌」だ。

やきもち、および束縛ほど、自分の感覚を正解だと思っていいものはない。一般論的に言えば「束縛しすぎはよくない。パートナーと言えど個々の人間である。自由とプライバシーを与えるべきだ」となるかもしれないが、それも結局「※個人の意見です」という炎上を全力で回避したい時につける注釈とたいして変わらぬのである。

結局、コーヒーに砂糖を何個入れるか、寿司にわさびを入れるか、みたいな話なのである。砂糖は入れない。少しでも入っていると飲めないという人がいるように、少しでも束縛されると窮屈に感じて付き合えない、という人もいる。逆に、メチャクチャ砂糖を入れないと飲めないという人もいる。パートナーに束縛されないと逆に不安、むしろ束縛されることにより愛を感じて幸せという人もいるのだ。

その姿は、砂糖を入れない人から見れば異常かもしれない。しかし、そいつにとっては、表面からもはや砂糖が見えてしまってるコーヒー、シャリよりサビがでけえ、というような寿司が「通常」であり「うめえ」のだ。

食い物だったら、健康上の理由で制止もやむなしかもしれないが、束縛に関しては、物理的にいつも首に結束バンドば巻かれているし、会うたびにちょっと締めがきつくなっているという場合以外は止めても仕方がないし、それすらも「プレイです」と言われたら何も言えない。

束縛されたくない人から束縛されている人を見ると「よくあんな相手と付き合える、早く別れるべき」と思うかもしれないが、それは「きゅうりとかあんな不味いもの食べるとかマジありえん、あれは尻に入れるものだろう、異論は認めない」と、自分が理解できないものをディスっている過激派オタと大差ない場合があるので注意が必要である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

元気と勇気が湧いてくる!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zgmf_x20a_sf カレー沢先生のコラム読むと元気になってくる気が少しする。 1年以上前 replyretweetfavorite

rosia29  たまには相手の行動を制限しないとペペロソチーノばかり食って家が臭くなります 1年以上前 replyretweetfavorite

00sasao_ 確かに本人たちがそれでいいなら、周りはとやかく言う事はないよね。 1年以上前 replyretweetfavorite

blackkuroshazhi やきもちをやかなくても良いくらい信頼できる相手を見つけないと。 1年以上前 replyretweetfavorite