やらない理由

相手のレスは早く欲しいが、自分のレスを急かされるのは嫌【No.35】

先週よりリスタートしました「やらない理由」シーズン2。今回のテーマは「なる早レスポンス」ジレンマ。どのタイミングなら相手を急かしてもいいのか、どのタイミングまでなら相手から急かされずにすむのか、モヤモヤをかかえる人も多いのではないでしょうか。回答がここに!
ちなみに、連載をより深く楽しんでいただくための書籍はコチラより。

「相手のレスは早く欲しいが、自分のレスを急かされるのは嫌」、
私のことか。

世の中の、きちんとコール&レスポンスをする方にとっては「こいつはこのようなクソのような行動をして、なぜ平気で生きているのか」と、グロイ昆虫を発見してしまったかのような、恐怖と不思議を感じていると思う。

しかし何事にも理由がある。非行少女の非行行為ばかりを責めても意味がない。まず「なぜそのような行為に走るのか」を明らかにしなければ更生の道はないのだ。もちろん「生まれながらのアバズレだった」という答えが出ることもままあるが、私のクソにも、何か、やんごとない理由があるかもしれないのだ。むしろなんとかその理由を見つけたい。

ちょうど、この連載における私と担当のやりとりがわかりやすく「クソの心理」を説明してくれるはずだ。まず、私は原稿の締め切りは守る。正確には締め切りを覚えていたら確実に守る。だが、それ以外は全部守らない。何を守らないかというと「返事をしない」。問いかけに対し返事をしない、というのは基本的に「ただのしかばね」にしか許されない行為だ。

よって返事をしないクソに対してはまず「しかばねにしてやる」という対策があげられる。そうすることにより、そいつの全てが許せるようにある。しかし、それと同時になぜか、国家権力や法律があなたを許さなくなってしまう。クソ如きを許すために自分が許されなくなるなど本末転倒だ。

私が、担当の何に対して返事をしないかというと「大体のことにしない」。原稿の確認などはもちろん、でかいところでは「この連載を再開するか否か」についても返事をしていない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【好評発売中】目からウロコの名文オンパレード!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miiiiisora 仕事は自分も担当さんのように勝手にすすめるがプライベートだと催促し… https://t.co/NBkhnGQvl7 2年弱前 replyretweetfavorite

keitoel3 仕事は自分も担当さんのようにすすめるがプライベートだと催促していい… https://t.co/CYj2VSyb0e 2年弱前 replyretweetfavorite

harusasameme |カレー沢薫 @rosia29 |やらない理由 https://t.co/joIJ1bQTKs 仕事に関しては、自分も相手も肯定か否定かはっきりしないと動きにくい… https://t.co/aYnkyXg06j 2年弱前 replyretweetfavorite

ichijou5759 「返事」は「否」な時だけやるものと思っている人、 2年弱前 replyretweetfavorite