フェル先生のさわやか人生相談

私より、母親を優先する彼氏にモヤモヤします【257回】

今年も残すところあと3週間、年末年始の予定を考えるのが楽しい時期です。そんな折フェル先生の元に届いたのは、一緒に帰省する予定だった彼氏が、母親の希望を優先し、バラバラに帰省することになってしまった女性からのお悩みです。自分より母を取るのかといじける相談者さんを、フェル先生がやさしく慰め、諭します。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

二人で楽しいお正月を過ごす予定だったのに……。

フェル先生、初めまして。年末に向けて心を入れ替えたいので、私に喝をお願いします。

都内で彼と同棲中です。お互い同じ地方出身で、盆暮れ正月の帰省はいつも予定を合わせて帰っています。今年は自分の仕事の都合で、1月の2週目にある3連休に有給を足して帰ろうと2人の間で決めました。初めての2人での年越しです。蕎麦の打ち方を調べたり、お節作りに挑戦しようかな、なんて考えて今から楽しみにしていました。

ですが先日、彼から「母親が年末に帰ってきてほしいと言っている」という理由で、年末年始に帰ると宣言されてしまいました。彼のお母様は精神的に少し不安定なところがあり、傷つけないようにと断りきれなかったのだと思います。彼のお母様の性格も、彼とお母様との間の関係性も分かるので、「残念だけど分かった」と返事をしました。

そう答えるのが一番いいと思って返事をしたものの、東京で私一人が残されるのを分かっていながら「決定事項」として彼から宣言されたこと、年明けすぐに帰ると言っているのにワガママを言う彼の母親にもやもやします。映画を沢山見ようとか、ボーナスでいいお酒でも買っておこうかな、など色々1人を楽しむ企画をしているものの、気分はまったく晴れません。

今は彼が何を話しても、「どうせいざという時は見捨てるくせに」としか思えません。捻くれているくせに、話のわかる人だと思われたくて怒り狂う勇気もありません。一年の大半を彼と過ごしているのに、こんな風にいじけてしまう狭量さに嫌気がさす思いもあります。

フェル先生、こんな喉の奥に刺さった小骨のような悩みですが、一発シバいて貰えないでしょうか。小骨のくせに、長々と失礼しました。

(26歳・女性・事務職・長女)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 『要するに彼はあなたに甘えている。「こうなりました」と事後報告すれば、全てを理解し、包み込んでくれるものとタカを括っている』: 約2年前 replyretweetfavorite

bionic_giko 今日のフェル先生暴走して爆笑した…。良かった(笑) 約2年前 replyretweetfavorite