副業をおおっぴらにするイギリスの会社

日本でも副業を容認するという流れが一般的になってきそうな気配ですが、国際経験豊富な元国連専門機関職員の @May_Roma (めいろま)さんによれば、他の国だと副業のハードルは随分低いそうです。日本とはどんな風に違うのでしょうか?

日本でも副業を容認するという流れが一般的になってきそうな気配ですね

副業容認、就業規則例を見直しへ 厚労省

厚生労働省は、会社員が副業や兼業をしやすくするため、「モデル就業規則」を見直す方針です。副業や兼業を禁止する項目を削除して、会社に届け出て許可を貰えば良い等の方向にするようです。

そもそも日本の多くの会社で就業規則で副業が禁止されている理由はこのモデル就業規則をもとにしているからという理由もあります。

なぜモデル就業規則では副業が禁止されてきたかというと、これは単に労働時間の話であって、会社員が副業もやって長時間労働すると健康によろしくないという配慮があったからです。

つまり元々は悪い意図があったわけではなくて、労働者保護のために作ったわけですね。

日本では副業禁止してる会社がまだまだ多いのですけども、日本の外に行くと随分状況が違います。

例えばイギリスの場合なんですが、副業はOKな職場が多いです。 業種によっては利益相反(職業上知り得たことを悪用して儲けてしまう等不正をやる)の問題があるので、特定の業種の副業は禁止だったり、届け出が必要だったりはしますが、基本的には推進の方向です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年1月11日発売。現在予約受付中!日本にはびこるバカ格差をぶった切る。

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

May_Roma イギリス在住のMay_Romaさんが「日本に縛られない生き方」を語る国際派コラム。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma 日本でも副業を容認するという流れが一般的になってきそうな気配ですが、他の国だと副業のハードルは随分低いそうです。日本とはどんな風に違うのでしょうか? https://t.co/wTNl6SkOY0 1年以上前 replyretweetfavorite

truelovesakuya9 会社バレが怖いから顔出しナシ&ハンドルネームで起業っていう日本とは大違いですね。⇒「 1年以上前 replyretweetfavorite

May_Roma 新記事アップです。副業解禁で騒いでるのは日本だけ。労働は単なる雇用契約なのでアウトプット出してれば何してもいいという考え方。日本がおかしいだけにすぎないんですけどね。。。→ 約2年前 replyretweetfavorite