心のベストテン

とにかく楽しそうなCHAIと、ベタ!だがそこがいいBRADIO

大谷ノブ彦さん最近のいち押しはニュー・エキサイト・オンナバンド(NEO)をコンセプトに注目を集めるCHAI。CHAIの本当の凄みについて語り合います。そして柴那典さんの最近のお気に入りはBRADIO。彼らのメジャーデビュー曲から読み取れる新しい音楽の聴き方とは?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

CHAIのセンスはどこからくるのか

柴 那典(以下、柴) 大谷さん、最近のいち推しはありますか?

大谷ノブ彦(以下、大谷) CHAIですねー。最近めっちゃ聴いてるんですよ。

 CHAI、いいですよね。今年に彼女たちが「ボーイズ・セコ・メン」で注目され始めたときは、キャラクターとメッセージは強いけど音楽的な引き出しは少ないバンドなのかなと勝手に思っていたんですけど、実はいろんな引き出しを持っていた。

大谷 うんうん。出てきたころは90年代のアメリカのオルナタティブロックとか、CSS(ブラジルのディスコ・パンク・バンド)とか、そういう感じのことをやりたいバンドなのかなと思ってた。でも、デビューアルバム『PINK』を聴いてみたら、ヒップホップっぽい曲や、ごりごりファンクな曲が入っていて、楽しいですよね。

 インタビューを読んだんですけど、彼女たちがどうやって好きな音楽を見つけて聴いてるのかという話がすごく興味深くて。H&MやForever21みたいな店で流れている洋楽を、その場でShazam(流れている楽曲名をその場で確認できるアプリ)を使って調べててるらしい。

大谷 えー! ラジオから流れてきたギターの音を聴いた瞬間に身体中が震えて「これが俺と音楽の出会いだ……!」みたいなのじゃないの!?

柴 そういうの、一切ない(笑)。もちろんYouTubeも使ってるらしいけど、特にファストファッション系の店で流れている音楽がキャッチーでいいって言ってるんですよ。つまり、家じゃなくて街で音楽に出会ってる。

大谷 かなわないなあ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ese19731107 大谷「自分の中で、三大『O』って呼んでいるアーティストがいて、奥田民生、岡村靖幸、小沢健二なんですけど、彼らって自然とクオリティの高いことをやってのけるんです。『これだけ苦労したんだ!』みたいなものを出さない」→ https://t.co/EoveIAgp7i 2年以上前 replyretweetfavorite

ese19731107 柴「『コンプレックスこそアートだ』とか『カワイイの概念をひっくり返す』とか、そういう肩肘張ったメッセージはもういいやって思ってるんですよね。単に『楽しそう』でいい」私もそう思う。最初だから強いキャッチフレーズが必要なんだろうけど。→ https://t.co/EoveIAgp7i 2年以上前 replyretweetfavorite

kumama282828 BRADIOのこのベタベタ加減、気に入った。はまる。 2年以上前 replyretweetfavorite

sugamitchy 昨日ライブを見てきたBRADIOのコラム! 読んでみて😄 2年以上前 replyretweetfavorite