やらない理由

人に頼ることはあるが、頼られるのは嫌

第31回は「頼られ」ジレンマ。あの人は嫌な顔しないから頼みごとしやすいな〜という人、周りにいませんか? もしくはその逆で、嫌な顔できないタイプだから、つい余計な頼まれごとを引き受けてしまうという人も。自分は頼るくせに頼られるのは嫌。こんな道理に背くレベルの虫のいい話に、カレー沢薫氏はどう立ち向かってくれるのでしょうか。

キツネに化かされる前に

今回のテーマは「人に頼ることはあるが、頼られるのは嫌」だ。

普通思ってても言わねえよな、ということを臆面もなく口に出すのが当コラムの十八番だが、今回もなかなかだ。当然、自分がすべきことを全部他人にやらせ、他人のことは一切やらない、とかではダメだ。

二兆円持っていて、金を払って他人にやらせているなら良いが、タダで嫁にそれをやり続けていたら、良くて熟年離婚、普通に考えて、保険をかけられたあと食事にちょっとずつ砒素(ひそ)を盛られ、カルテ上は病死として殺される。家族間ですらそうなのだから、社会でそれをやるともっと早い段階で排斥される。そうなると誰にも頼れなくなるので、逆に良くない。

よって最低限自分のやるべきことはやるが、他人のことまではしたくない。そして自分のすべきことも、できれば他人の助けを借り負担を減らしてやりたいということだ。

これも思っていても言うかなこれを、という話だが、世の中には口に出さないだけで、上記のような生き方をしている人間はいるし、逆に、気づいたら他人の仕事をしており自分の仕事は手付かずだったという、年中キツネに化かされているような人もいる。どうせならキツネ側になりたい、という話だ。

狙うべきポジション
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【11/30 待望の書籍化】いよいよ予約開始しました!

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyawadu207 業務上公衆便所(太字で書きてえ)!どこの集団にもいますね…。「微妙な使えなさ」の例えも秀逸、最後の現実的なまとめもお見事です。 2年弱前 replyretweetfavorite

yukihgs "「頼りになる人」という名の「業務上公衆便所」" 声に出して読みたい日本語。 2年弱前 replyretweetfavorite

blackkuroshazhi あたくし、舌打ちとシャクレ顎のコンボでございます。 2年弱前 replyretweetfavorite

oukasei27  すんげえ説得力! 2年弱前 replyretweetfavorite