ドリーム』 ルーティン化する差別に抗うために

3人の黒人女性がNASAでぶつかる巨大な差別の壁。当時の社会背景を描きながら、理不尽とぶつかり、格闘していく彼女たちの物語。そこから見えてくるものを、伊藤聡さんが読み解きます。

2017年度のアカデミー賞で、作品賞、脚色賞、助演女優賞の3部門にノミネートされた話題作が『ドリーム』である。舞台は1960年代初頭のアメリカ。NASAに勤務する3人の黒人女性が主人公だ。数学、エンジニアなど専門分野は異なるが、それぞれに一流の頭脳を持った女性たちは、当時ソ連とのあいだで競争が加熱していた有人宇宙飛行計画のために働くこととなる。これまで培ってきた実力を発揮すべく、仕事のチャンスをうかがう3人であったが、現代とは比較にならないほど根強い人種差別、女性蔑視の壁に阻まれておもうように活躍できずにいた。公民権運動で激しく揺れ動くアメリカ社会と3人の女性を重ねながら、物語はNASAが初めて挑戦する地球周回軌道飛行という劇的なクライマックスへとたどり着く。

日本での公開時、当初は『ドリーム 私たちのアポロ計画』という邦題が予定されていたが、作品がアポロ計画を直接的には描いていなかったため批判が起こり、急遽タイトルを『ドリーム』に訂正したことも記憶に新しい。監督は、『ヴィンセントが教えてくれたこと』(’14)で知られるセオドア・メルフィ。

1950年代半ばから始まった公民権運動が、1963年に行われたワシントン大行進によってその頂点へと達したという歴史的事実を、われわれは学んでいる。黒人がみずからの権利獲得のために立ち上がった時代。人種隔離主義が当然とされ、公共の場所が白人用と黒人用に分けられる理不尽を終わらせるための闘争。公民権運動にまつわる事実を、本などを通じてそれなりに知っていたはずの観客も、あらためて映像として提示されたとき、そのあからさまな差別の実態に驚くほかない。

『ドリーム』がすぐれているのは、1960年代に社会が内包していた差別の実情、特定の人種へ強いていた抑圧を伝える描写のリアリティである。この映画で人種差別は、日常のごく自然なふるまいの一部として習慣化している。ゆえにその非倫理性は際立つのだ。白人は、日ごろから悪意を激しく剥き出しにして黒人を蔑視していたわけではなかった。日々のルーティンとして、そして疑うまでもない前提として、差別はそこにあったのだ。差別が日常化、ルーティン化してしまい、白人は自分たちが差別に加担していることすら自覚できないのかもしれない。ゆえに問題は根深いのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

elba_isola |伊藤聡 @campintheair |およそ120分の祝祭 最新映画レビュー いつも見てた米ドラマに出てた女優さんだ!差別はしないけど区別はすると連呼した小学校時代の先生への違和感 https://t.co/iKNHT65g0v 3日前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 3日前 replyretweetfavorite

gorgias86 映画ドリーム、確かに差別の描き方がむちゃくちゃうまかった。システムがすでに差別でそれに乗っかるだけで差別構造にとりこまれるんだよね 4日前 replyretweetfavorite

takahirokobaya 昨日観てきました。おすすめです!とくに女性はぜひ!元気がわいてくるよ!!女子中高生に観てほしいです。 4日前 replyretweetfavorite