村上春樹ファンのテレビ慣れ

毎年秋になるとニュースになる「村上春樹はノーベル文学賞を取れるのか?」。つまり毎年取れていないのですが、村上春樹本人はかなり迷惑がっている様子。そんな村上春樹と村上春樹の意思を無視するハルキストたちについて武田砂鉄さんが考察します。

「誰だよ、オマエ」とは思う

「アベノミクスに、もっと人の気持ちを盛り込んだユリノミクスを!」との奇怪なスローガンが聞こえてくる現状にあって、最も忘れられているのは「人の気持ち」であることがより明確になってきているのだが、与野党問わず、どんな「○○ノミクス」を提示する人も、突発的な選挙の風を読むのに必死なので、目が泳いでいる。そんな選挙報道が重なる中に挟み込まれたのが、カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞のニュース。しかし、あちこちで村上春樹の受賞を勝手に待ち構えていた「ハルキスト」と称される人たちの目はちっとも泳いでいなかった。確かな与党、動じない与党という感じの振る舞いだった。

「うーん、そうか、カズオ・イシグロかぁ」と頭を抱えながら、彼ならば納得です、と言わんばかりの余裕を見せる姿は、長期安定政権のごとし。今年のイシグロも、去年のディランも春樹さんと深い関係がありますね、などとコメントしている人もいて、連立政権を提案するかのごとし。決して口には出さないけれど(今、出すけれど)「誰だよ、オマエ」とは思う。

確実にテレビに映る場所に出かけていく人

そもそも、ココに行けば確実にテレビに映るという場所にいそいそと出かけていく人たちとは、一定の距離をとりたくなる。『笑っていいとも!』が始まると、スタジオアルタの前に集う人を映すのがお決まりだったが、携帯電話を耳にあてて誰かに「今、オレ出てるよ!」と伝えながら手を振る人が頻繁にいた。電話を受けた誰かは「うおー、マジだ!」と興奮するだろうが、おそらくそれ以外の数十万人規模でアナタのその姿を痛々しいと思っている。痛々しいと思われることを想像できていないのだとしても、想像できているがそれより電話で伝えたい意欲が上回っているのだとしても、一定の距離をとりたくなる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuiasmonkeygirl 自意識に思い上がった人間の群れを切らせたら武田砂鉄さんの右に出る者はいない 7日前 replyretweetfavorite

elba_isola |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 これはもうもはや、今年も受賞逃したね会を盛大に祝う集まりだと思ってる。芥川賞発表されるたびに三省堂本店に並ぶ人たちだと思う https://t.co/D2MNxsXHhE 7日前 replyretweetfavorite

morinonaka_da ハルキストと呼ばれるところに出かける心理。。てか村上春樹は、深夜ラジオと一緒で堂々と好きと言えないとこがいいのにねぇ😂私だけかも知んないけどさー! 7日前 replyretweetfavorite

celcius37 趣旨とは少し逸れるが、「ファンの度合を計測するのってなかなか不毛ではある」の一文に深く頷いた。 8日前 replyretweetfavorite