バイト卒業式で歌ったマッキー名曲の替え歌

九月に大学を卒業した小森谷くんは、まだ映画館でのアルバイトを続けていた。映画配給会社に少しでも近づくため、映画のスクールにも通うようになった彼は、バイトに明け暮れていく。そんな中、とうとう配給会社でアルバイトをすることが決まり、映画館のアルバイトを卒業することになる。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 大学を卒業したといっても、就職するわけではなかった。

 九月に卒業したのなんて、周囲では彼だけだったし、あまり卒業の実感もなかった。働きたい、というのが彼の切実な願いだったが、今のところはルミエールでのアルバイトに励むのみだ。

 というわけで、終わらない夏休みのような彼の生活は、このあとまだ半年くらい続く。

 英会話スクールのカリキュラムを終えた彼は、今度は配給の仕事を学ぶスクールに通い始めた。

 人生二度目のローンを組んだため、空いている時間はルミバイトのシフトを入れ、働きまくる。

 彼はもともと真面目な性格だったし、大好きな映画館での仕事だったし、いつか配給会社で働くという目標もあった。

 売店の売り子をしたり、場内整備をしたり、フロアの案内をしたり、といったアルバイトの仕事だけでは物足りず、売り上げを計算したり、客入りのメーターを交換したり、何時に何人入ったという情報を他の劇場と交換したり、データを本部に報告したりといった社員がやるような仕事も、いつしかこなし始める。

 ルミエールには百人を超えるバイト仲間がいた。

 週末には飲み会があり、彼はすぐにその中心人物となった。

 飲み会ではいつも、誰が可愛いとか、あいつはあの子が好きとか、あの子には彼氏いるとか、そういうたわいもない話に、花が咲いた。

 彼は、友人にのせられると何でもやる、という精神の持ち主だった。

 このためバイト先や飲み会でも奇行を繰り返すのだが、その様子は余すところなくメラくんによってビデオ撮影された。

 メラくんは常にカメラを回していた(だからメラくんというあだ名が付いた)。

 乾杯から解散まで、今日を見つめるメラくんはカメラを回し続ける。

 バイト仲間に好きな女の子ができると、その子と肩を組んでいるように見える映像を撮ってくれる。そんなメラくんだが、いつか映画を撮るらしい。

 ルミバイト仲間で、海外に遊びにいったときも、メラくんはカメラを回し続けた。

 マレーシア・ペナン島に上陸した男七人は、うははははは、と笑いながら、海でバナナボートに乗る。

 外国人の前で何か面白いことをやれ、とのせられた小森谷くんが、桑田佳祐のモノマネをする。

 ペナン島の人々がしーん、とするなか、わはははははは、と友だちが笑う。

 それらの様子は、メラくんによって余すことなく撮影される。

 メラくんは海外に来たというのに、目で直接外を見ているより、ファインダー越しに見ている時間のほうが多い。

 外国に来たんだから染めよう、という謎めいた理由で、小森谷くんは髪をブリーチで金髪に染めあげた。

 ついでにおでこにマジックで“欲”と書かれた。

 その姿のまま彼はペナン島の夜を歩き、その姿のまま飛行機に乗って帰国した。その様子をメラくんが余すことなく撮影する。

 帰国した彼は金髪のまま仕事を続けた。

 やがて季節は移り変わり、彼の髪も黒さを取り戻していく。

 三月、単なるラッキーなのか、それともそれは、彼が全力で走りだした結果なのかもしれない。

 配給会社でアルバイトできるチャンスが、彼に巡ってきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guriswest いいなぁ。青春ー 2ヶ月前 replyretweetfavorite