木村拓哉はこの時、芸能界からいなくなりたいと本気で思っていた。

28年間のSMAPの活動とその思いを、数々の言動から振り返り、幼少期から三十代に至るまでのファンの女性の28年の歴史と共に纏めあげ、「アイドルとは、ファンとは何か」を問い直すアイドルとファンのノンフィクション書籍『SMAPと、とあるファンの物語』。本書を公開する連載、15回目。SMAPという枠から飛び出し邂逅した、演劇界の大物。木村は、自らの相克するアイデンティティーと直面することとなるーー。

「なんでこんな歌が下手な人達がいるんだろうってホントに思ってた」

「リスペクトできなかった」

 これは10代の頃に木村自身が抱いていた、彼のアイドル観である。

 ジャニーズのレッスンに通い始めたのも初期の木村にとっては「体も動かせるし、部活みたい」というだけであり、それはSMAPのメンバーとなった後も大きく変わるものではなかった。

「適当に女の子にキャーキャー言われて、『衣装のTシャツもらっちゃったよ』とか、『こんなラブレターみたいなの来たよ』とか。その程度の意識」

 そんな彼に転機が訪れたのは、まだSMAPがCDデビューしていなかった1989年のことである。

 青山の喫茶店で、16歳の木村はある男性に挨拶をした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SMAPの28年間の活動と、とあるファンの女性の28年間。決して交わることはなかった。でも、支えられていた。そんな両者の紆余曲折の歩みから見えてくる、アイドルの“意味”。アイドル文化が生み落とした新世代の書き手によるSMAPとそのファンのノンフィクション。

この連載について

初回を読む
SMAPとそのファンの物語—あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど

乗田綾子

転校を繰り返し、不登校にもなってしまった。思い焦がれた上京は、失敗した。願ったとおりの現実を生きるのは、難しい。だけど――。小学校低学年から30歳に至るまで、とある女性の人生にずっと寄り添っていたのは、親でも彼氏でもなくアイドルだった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hugring_nowhere 木村氏がどんな気持ちで 「キムタク」やってくれてたのかっていうね。 半端じゃねぇ。 https://t.co/Sy4CqGuoh5 3年弱前 replyretweetfavorite

smarashic SMAPとそのファンの物語——あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど https://t.co/8CsDfLX7qt 3年弱前 replyretweetfavorite

nobupyon1113 蜷川さん『でもその中で桃井かおりさんとかああいう上手いうるさい大人たちのなかでもまれて、キラキラして、みんなに愛されていた。あぁ、こいつは良くなるなと思っていました』 https://t.co/eLbhz70U36 3年弱前 replyretweetfavorite