フェル先生のさわやか人生相談

夫との性行為を「体と時間を貸してる」だけに感じて苦痛です【第246回】

9月も下旬に入りましたが、まだ暖かい日が続いていますね。今回フェル先生がお答えするのは、夫とのセックスを「体、時間貸し」と考えてしまう、という女性からの相談です。それはいけないことなのではと悩んでいる相談者さんですが……。フェル先生のあたたかいアドバイスをお読みください。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

毎回「これもお務めのひとつ」と思っています。

フェル先生。毎回の連載を拝読し、自分の中の悩みや葛藤を質問者の方に重ねつつ、男女の心の移ろいを学ばせていただいております。今回相談させていただきたいのは、主人との夜の営みを「体、時間貸し」と考えてしまうのはいけないことでしょうか?ということです。

主人(39歳)の性格は、根っからのスポ根。趣味はゴルフで肌は黒光り。24時間、病院経営のことを考えており、仕事熱心。男の仕事には口を出すなオーラや目ヂカラが強く、週のお弁当の回数や夜の営みの回数で、私からの愛情を確認。独身時代は女性へおごる食事代÷セックスの数を算出するタイプ。無駄な買い物は一切しないかわりに、価値が下がらないものへの投資は百万単位でします。こどもへの愛情は深いけれど、愛車にはチャイルドシートをつけっぱなしにしない、私への呼びかけは誰がいようと下の名前で大声で呼ぶ……など、やや個性が強めな性格です。

私は主人とお見合いをして、26歳で結婚し、子供2人を授かりました。主人からいただいている役員報酬、実家の仕事手伝い、友人の事務所のお手伝いパートで、不自由なく暮らさせていただいており、主人には大変感謝しています。お給料日の朝には巻き巻きヘアで「今月もありがとうございます」とお礼を言うように心がけています。(ちょっと白々しいですかね。)

そんな主人との性生活についてご相談です。もともと性欲が強い主人とソフトタッチで満足な私との間で、満足度の不一致が生じています。主人はショートスリーパーで、一人深く眠りたい派なので、別室で寝ています。営みは週に2回は必要。私は子供たちと寝ている部屋から「起きてる?」とラインし、既読がつけば私から主人の部屋をノックします。このノックから私の「体、時間貸し」スイッチが押されるのです。(このラインを打つ時点でストレスを感じます。)

主人からソフトな物言いや態度が日常的にありますと、私も心が緩むような気がします。しかしながら、結婚10年で主人の態度に変化はありません。そのため、行為中も私は「時間貸し、これもお務めのひとつ」と頭の中でその言葉がぐるぐるし、主人が果てるまで上の空です。主人にも伝わってしまっているのか、先日「俺の体で愛情表現してみて」と言われ、大変びっくりしました。(陰で何かあったのか!)結局、私の貧相な想像の範囲で行為をしまして、満足だったか不満だったかは謎です。

この先このような妻の考えで、仕事の攻めと踏ん張りを迎える40代男性を支えることができますでしょうか。主人は自己実現の欲求が強いので、私はこれからも仕事に安心して邁進してほしいと心底応援しています。主人は仕事への欲と性欲が比例しているような気がして、私との性生活での不満が仕事に影響しないものかとも考えてしまいます。

私で満足できない分の性処理に関しては尻尾を出しませんし、私も探りもしません。主人側は多方面に明るい筋のお友達も多く、様々な方法で解決できると思いますが、私は相談できる方がいません。ぜひ、私にもっとこうしたら良いのでは? 考え方を変えたら?とお思いのことがあれば、ご教示ください。どうぞよろしくお願いいたします。

(35歳・女性・社会保険労務士兼、実家の不動産賃貸業手伝い兼、主人の法人の労務管理・るみ)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません