ブス図鑑

無知の知」が成り立つなら「ブスのブ」だってアリだろう

美容院の予約日。楽しみですか、それとも憂鬱でしょうか。
担当編集(♀)は後者です。美容師さんと話すことなんてないし、大きな鏡を前に自分の顔を見るのも苦痛だし、目線をどこに置いたらよいのかわからず、ひたすら雑誌を熟読するか、瞑想モードに突入して極力存在を消します。
そんな、美容院に持っていくべきカタログを発見……か!?

ブスだって自分の顔を10分も見せられたら石灰ぐらいになってしまう

「自分自身が無知であることを知っている」。
ソクラテスの哲学だ。自分が無知であることを知っているだけ、相手より優れているという「無知の知」である。
それが成り立つなら、「ブスのブ」という言葉もありだろう。
自分がブスだと知っているだけ、それを知らないブスより優れているというわけだ。

しかし、これは状況による。場合によっては、知らないほうがいいときもある。
例えば、美容院などがそうだ。散髪店というのは、たとえ10分1000円のカットだろうが、絶対に目の前に鏡がある。つまり、最低10分間はブスだとわかっている自分の顔と、フェイスtoフェイスなのである。

メデューサが自分の姿を鏡で見せられたとしたら石になってしまうように、ブスだって自分の顔を10分も見せられたら石灰ぐらいになってしまう。どれだけ視線を雑誌やスマホに向けても、ふと顔を上げると自分の顔があるのだ。『影牢』でも見ないような悪質な罠である。

10分ならまだしも、小一時間も見ていたら、一週間前はなかったシミがあるとか、変なところから毛が生えてるとか、今まで知らなかったブスにまで気づいてしまい、「ブスのブ」がさらに深まってしまうという話なのだ。
だが、これは自分のことをブスだと知らなければ平気だろうし、むしろ美人でも自分の顔が好きじゃないなら苦痛だろう。

このように、美容院とは古より戦いの場である。敵は美容師と思われがちだが、結局は一人相撲な場合が多く、つまりは「己の自意識との戦い」なのだ。

美容師がどう思おうが関係ない。この私が、このブス様が気になるのだ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

ikeikeike_go まさに今日も痛感\(^^) 変えないといけないのは髪型じゃなくて顔なんだよなって毎回思う笑笑 2年以上前 replyretweetfavorite

voyagedeciel うう…つらい…つらいけど禿げ上がるほど同意せざるを得ないこの気持ち…最高…土方さんおめでとうございます㊗️ 2年以上前 replyretweetfavorite

tou_baru ブスようのヘアカタログは卒業アルバムみたいに犯罪者のような顔を並べてなるべくすっぴん寝起きに近くしてほしい。ブスのブを深めたい。 2年以上前 replyretweetfavorite