やらない理由

既読スルーはするが、既読スルーされるのは嫌

第20回は「既読スルー」ジレンマ。自分が人にされて嫌なことは、人にしてはいけない。頭ではそうわかっていながら、「既読スルー」してしまうって経験はありませんか? 忙しいから、即決できないから、そんなこと会って言うべきだろ……など、理由は様々あれど、あ〜〜〜やっちゃった感は同様にあるかと思います。そこで、カレー沢薫氏に正解を導いていただきました。

便利さが生み出したもの

今回のテーマは「既読スルーはするが、既読スルーされるのは嫌」だ。

まことに便利な世の中になった。しかしどう考えてもコミュニケーションツールの数だけ悩みが増えてしまっている。

その昔「ポケベルが鳴らなくて」という歌があった。なんでポケベルが鳴らないことに悩んで歌まで作ってしまう事態に陥ったかというと、ポケベルができたからだ。その前はそんな悩みは存在しなかった。よってLINEに関する悩みもLINEが台頭する以前はなかった。そして、もう一つの要因は「LINEをする相手がいた」ということである、これはポケベルでも同じことだ。

もし、相手の友人の喉元に匕首(あいくち)を押し付けて聞き出した、ポケベル番号に一日100万回何を送っても返ってこないと言うなら、また別の病(ビョウ)を発症しているので、通院か出頭をおすすめする。しかしそれ以外の場合は、既読スルーされるのは、まずLINEをやりとりするような相手がいたからに他ならない。

つまり、このコミュニケーションツールが発達、複雑化している世の中において「コミュニケーションする相手がそもそも存在しない」というのは、病(ビョウ)を未然に防ぐ「手洗い・うがい」に匹敵する、心の風邪の予防策なのである。

よってLINEのやり取りをするような相手を作っておきながら、スルーされただの騒いでいるのは、全裸で寒中水泳しておきながら「喉がいがらっぽい」などと言っているに等しい。

既読スルーされている側の行く末
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

saorun88 そう!自称メンタル弱い人ほどすぐ既読スルーしたりブロックしたり(私怨) 相手は超合金だと思ってる…なるほど… 約2年前 replyretweetfavorite

toto1111toto 我が家は夫婦でお互い「仕事以外で頻繁に連絡したくない」 という理由でLINEはやらない一択のみ。 夫に至っては「趣味の時間を邪魔されたくないからSNS類も一切 約2年前 replyretweetfavorite

tsukiyo2015 病(ビョウ)の主要原因になりうる既読スルー問題についに切り込んだにゃ! 約2年前 replyretweetfavorite