心のベストテン

生活費をクラウドファンディングで集めるのって変?【ゲストぼくのりりっくのぼうよみ】

17歳の現役高校生でメジャーデビューし、哲学的な言葉を歌いながら多彩に活躍するぼくのりりっくのぼうよみさん。新世代のアーティストであるぼくりりさんをゲストに迎え、音楽の未来や、自らクラウドファンディングによって立ち上げたオウンドメディア「Noah's Ark」の話などを訊きました。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 今回はぼくのりりっくのぼうよみさんにゲストに来ていただきました!

ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり) よろしくお願いします〜。

柴那典(以下、柴) しかも本人から出たいと言っていただいたということで。

ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり) そうなんですよ。cakesで読んでいて。

 いやー、ありがたいですね。実はこの連載ではデビュー直前、2015年の11月くらいのタイミングで「天才高校生あらわる」ということでいち早く取り上げさせていただいてたんですよね。「すべてを俯瞰で見えてしまうがゆえの孤独がある」とか言って。

大谷 あれ、あんなに上から目線でしたっけ!?

ぼくりり ははははは。

クラウドファンディングと音楽のこれから

 今回はまず「ぼくりりの考える音楽のこれから」みたいなテーマで話をしようと思うんです。というのも、去年に『ディストピア』というEPを出したとき、アーティスト写真でCDの遺影を持っていたじゃないですか。

大谷 あれ、誤解も含めて反発も相当あったんじゃないですか?

ぼくりり あー、別にあんまりなかったですね。覚えていないだけかもしれないですけど。

 あとは『Noah's Ark』というアルバムを出したときに、クラウドファンディングもやってましたよね。その資金で「Noah’s Ark」というオウンドメディアを立ち上げた。あれは自分のアイディア?

ぼくりり そうですね、やりたいと思って。

大谷 クラウドファンディングに関しては 僕も思うことがあって。というのは、僕、副業で芸人やってるんですよ。本業が「音楽番組によく出る人」で、4番目くらいに一応漫才っていうのがあるんですけど。

ぼくりり 副業だったんだ(笑)。

大谷 で、芸人の世界でもクラウドファンディングはどんどん増えていくと思うんですけど、最近それに関して吉本興業の社長の大崎さんと話した時に言われたことがあって。

 なんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

manbou_dance なんか面白いらしいので、後で読もう https://t.co/hnUb0DUkFu 3年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

fl80_yshrcis 使命を終えつつあるCDと書かれてるけど、"DL-103(NHKで使われたレコードのカートリッジ)でLPを聴きたい"って人と同じで、「これがいいんだ」って気概を持って聴く人のために、残っていくと思う。そういう気持ちでCDを聴いてる。 https://t.co/4I2BMS48oe 約3年前 replyretweetfavorite

mahro_mahro ムジカがボヤになったわけはそこじゃないと思うぞ、ぼくりり氏。パトロンの希望を乗せた船を作っといて皆より先にその価値に見切りをつけた事と、理由なくお金くれるおじいちゃん呼ばわりしたからだと思うぞ。気持ちを軽視したからだぞ。私はそう😊 https://t.co/MC5p5ecbfA 約3年前 replyretweetfavorite