男女間。その温度差は、侮れない【第5回】

フリーアナウンサー・羽鳥慎一氏の妻であり、人気脚本家である渡辺千穂さんの初エッセイ連載。世間の愛すべき「夫」の実態を知ることで、夫への見方がプラスに転じる、「なんかいいじゃん、うちの旦那!」と再発見できること必至! 夫への不満でメンヘラになる前に、離婚届にサインする前に、この連載でほっこり温まってください。第5回のテーマは「男女の温度差」について。夏あるある、あなたも抱えていませんか?

夫が、クーラーが効きすぎるリビングのソファーに寝転び、テレビを観ている。いつもの、夏の休日の光景だ。月曜日から金曜日まで、朝から晩まで働いているのだ。休日ぐらいゴロゴロしたいだろう。寛容な妻は、そう思う。

だが、かなりの頻度で出てくるこの一言。
「アイス食べたくない?」
これを言われる度に心からイラッとくる。そう言われるとわかっているのだったら、「買っておけばいいのに」と思われるかもしれない。だけど、仕事帰りに駅前のスーパーで買ったとしても、家に着くまでに溶けてしまう。スーパーより近い場所にコンビニはあるけれど、手ぶらで通りかかることなどまずない。いつも、野菜や牛乳やなど、両手いっぱいのビニール袋を抱えて帰ってくるので、アイスを買う余裕などない。

それなのに、「アイス食べたくない?」である。大体、「食べたくない?」という疑問形はなんだと思う。「アイス食べたい」だと、イコール「買ってきて」になる。「食べたくない?」も同義なのだけれど、「そうだね」と妻の同意を得られたら、「じゃあ、ついでに」と思えるのだろう。

妻は仕方がなく、なにも言わずに、コンビニに行く。道すがら、アイスは1つだけしか買わず、自分は食べないようにしよう。それがせめてもの抵抗だ、などと思っているのだが、暑さにやられ、つい、2つ買ってしまう。

内心、ふて腐れながら家に戻ると、寝そべっている夫はテレビを観ながら、「ありがとう!」と、そしてたまに、「え、これか……」と買ってきた種類にがっかりとした顔を見せたりする。夫は、チョコレートの棒アイスが好きなのだ。そんなことはわかっている。売り切れだから、違うアイスを買ってきたのだ。腹は立つが、30分もすれば忘れるような些細なことだ。妻は、これくらいのイライラは封じ込めることができる人間だ。

「男女間の温度差」
そう検索すると、案の定「気持ちの温度差」について書かれたサイトが数多くヒットする。「相手は自分をどう思っているのだろう」そんな恋愛関係から、もうちょっと先に進んでひとつ屋根の下で暮らす夫婦や、同棲している恋人同士が悩まされる温度差……。それは「体感温度」だったりする。一般的に男は女よりも体感温度が高く、女は男よりも体感温度が低いと言われている。同じ気温でも、感じ方は違うのだ。この夫婦も、例外ではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

好評発売中!

この連載について

初回を読む
あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる

渡辺千穂

中高年女性の間でときに「断捨離対象」のような扱いを受ける「夫」という存在。一生の愛を誓ったはずの夫が、いつ、どこで、どうして変化してしまったのか……。そう思い悩む中高年予備軍(30〜40代)の妻たち、結婚を控えている女性へ向け、人気脚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

moxcha 自分と夫だけの話をなぜ男女にまで主語を広げたんだろう。しかも内容も半世紀遅れぐらいの男女感。 約3年前 replyretweetfavorite

gusuko_midori 「アイス食べたくない?」と尋ねられたら、自分の気分に従い「食べたい」「食べたくない」を答えたい。こういう時は空気なんか読んでやるかw→ 約3年前 replyretweetfavorite

ryuzo_takahashi Amazon prime now は1時間でアイス届けてくれる。 夫だけ扇風機をプラスで使えばいいのでは? 思いやりの話なんだろうけど。 約3年前 replyretweetfavorite