やらない理由

一人の時間も欲しいが、ずっと一人は嫌

第17回は「孤独」ジレンマ。たとえかぶりの指摘をもらおうとも、勇気を出して繰り返しお届けします!(そしてあと数回は出てくる可能性アリ)。「一人になりた〜い」が口癖の皆さん、一人でいることは果たして孤独なのでしょうか? また誰かといることは孤独ではないと言い切れるのでしょうか? 今回はカレー沢薫氏の幼少期のエピソードも収録。これを読めばあなたはまたひとつ、ジレンマから解放されます!

まずは「孤独」と向き合う

今回のテーマは『一人の時間も欲しいが、ずっと一人は嫌』だ。

前にやったテーマ『寂しがり屋だが、人付き合いは嫌』や『結婚したいが、縛られるのは嫌』と盛大にかぶっているとしか思えないし、かぶっているからには、ボケ老人の如く同じ事を言ってしまうに決まっている。

だが、このように、ちょっと小手先だけ変えて何回も同じ題を出してしまうほどに「自由と孤独」というのは、我々にとって生涯かけて向かい合うべきテーマなのだ。
決して、担当がネタ切れを起こしているわけでも、そういうテーマのときはアクセスがいいからでもない、そう思わなければ、俺はこのダンビラを鞘(さや)に納めることができない。

人間誰でも自由に生きたい。そして一人が一番自由だ。しかし自由には責任が伴うと同時に、孤独もついて回るものである。つまり『一人の時間も欲しいが、ずっと一人は嫌』というのは「自由は欲しいが孤独にはなりたくない」ということである。
やはり、みんな孤独を恐れている、確かに孤独によって引き起こされる、寂しさや不安は万病の元だ。

だが焦ってはいけない、ひと時の寂しさから、元カレや元カノに「元気?」などと漠然としたLINEを送り、返信で「結婚しました」と写真を送りつけられている場合ではない、病(ビョウ)が深まるだけだ。孤独は怖い、しかしそれから逃げるのではなく、まずは、孤独を「HiGH&LOW」の「琥珀さん」のように「孤独さん…!」と呼び、向き合うことで恐怖は軽減されるのではないだろうか。

まず「孤独」とはどういう状態か、テーマどおり「一人」のことだろうか、それは違う。
私など、中学生の時マジで友達がおらず、休み時間、机に突っ伏して寝たフリをしたり、無意味に手を洗ったり、水を飲んだりしていた、休み時間はたかが10分であるにも関わらず永遠のように感じられたし、それはもう孤独だった、今も会社では、私以外の女子社員がランチに行っていたりするのを尻目にソシャゲをやっている。昔ほどではないが、まあ孤独である。

つまり、クラスや会社という物に所属し、周りに人がいても孤独なのである。
片や、部屋で一人、Pixivで推しキャラの「ブックマーク1000user入り」イラストや漫画を見ている時に「孤独だ……」などと思ったことは一度たりともない。

「孤独」と「不便」の見極め
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

okazukinuko @hyonggi このコラム(https://t.co/Fz2h5rrp8P)にあるように、モテなければ手に入らないというのは思い込みで、モテ以外の方法でも解消できるのでしょう。モテなければ生きていけないという価値観で、非モテの人が生きるのはそれは大変ですよね 2年以上前 replyretweetfavorite

fuko225 孤独は怖い、しかしそれから逃げるのではなく、まずは、孤独を「HiGH&LOW」の「琥珀さん」のように「孤独さん…!」と呼び、向き合うことで恐怖は軽減されるのではないだろうか。 > 2年以上前 replyretweetfavorite

DollyRamone 我々のような趣味に没頭しないと死ぬオタはその時間を大切にしつつ人付き合いもするバランスがとても難しい。同じオタか余程理解のある人に巡り合わない限り一人の方が楽しい。 2年以上前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 四の五の言いません。カレー沢先生の言う通りです。 2年以上前 replyretweetfavorite