ないと思っていたけれど、奇跡って本当にあるのかも⁉︎【第2回】

フリーアナウンサー・羽鳥慎一氏の妻であり、人気脚本家である渡辺千穂さんの初エッセイ連載。世間の愛すべき「夫」の実態を知ることで、夫への見方がプラスに転じる、「なんかいいじゃん、うちの旦那!」と再発見できること必至! 夫への不満でメンヘラになる前に、離婚届にサインする前に、この連載でほっこり温まってください。第2回のテーマは「奇跡」あなたは信じる?

よく「結婚は奇跡だ」なんて言うけれど。

ご近所とか子供の学校のPTAとか、狭い世界の中で誰々と誰々が不倫してるなんて下世話な話を聞くと、奇跡もへったくれもないなと思う。けれど、素敵な夫婦の素敵な出逢いの話を聞くと、今流行(はや)りのお笑いのネタじゃないけれど、やっぱり35億分の1の確率なんだなと思ったりもする。

私の知り合いで、夫が日本人で妻がフィリピン人のご夫婦がいる。物静かで優しい夫と、クリスチャンで働き者の明るい妻だ。二人の出逢いは20年前に遡る。夫となる彼は、職場の友達と、富山に温泉旅行に出掛けた。彼らが一泊した温泉旅館に、フィリピンから来た彼女が住み込みで働いていた。長い手足には似合わない着物を纏い、片言の日本語で一生懸命給仕するその姿が、とても印象的だった。

翌日の朝食後、コーヒー好きの彼が旅館の仲居さんに「近くに喫茶店はあるか」と聞くと、徒歩15分かかる場所にあると言う。そんなに遠いなら我慢しようと、彼はコーヒーのかわりに緑茶を頂き、ロビーのソファーで新聞を読み始めた。いつものように、じっくりと読み進めながらページをめくる。すると、誌面いっぱいに湯気の立つコーヒーカップの写真があった。 その写真はコーヒー会社の広告だったのだが、見ると、どうしても飲みたくなった。

時計を見ると、チェックアウトまであと50分。往復30分。準備も終わっているし、15分以内に飲めば間に合う。「よし」と気合いを入れて立ち上がり、喫茶店までの道のりを歩いた。山道を抜けると、山小屋風の喫茶店があった。カランカランとベルを鳴らしながら木でできたドアを開けると、
「イラッシャイマセ」
明るい女性の声が響いた。 見ると、昨日、旅館で給仕していたフィリピン人の女性だった。

着慣れない着物姿とは打って変わって、身体に馴染んだデニム姿に、彼女がまだ年若いことを知った。聞けば、旅館の仕事が遅番の日には、喫茶店でモーニングの時間だけ働いているとのことだった。「働き者だねえ」と彼が言うと、彼女は「ハイ」と元気よく答えた。彼女が淹れてくれたコーヒーは、お世辞抜きに美味しかった。

「ジカバイセンダヨ、ジュウショ、イッテクレタラ、オクルヨ」
「自家焙煎だよ、住所、言ってくれたら、送るよ」

そう言ってくれたので、お言葉に甘えて、住所と電話番号とメールアドレスと名前をメモに書いて渡し、送ってもらうことにした。豆代と送料を考えて、5千円を渡そうとしたら、「イラナイヨ」彼女は笑いながら遠慮する。何度かやり取りをしたが、とうとう最後まで受け取ってくれなかった。

旅行から帰って来て2週間後、彼の家に大量のコーヒー豆が送られて来た。送り主はもちろん、フィリピン人の彼女だった。彼はお礼に、米と野菜と、ちょうど梅雨の時期だったのでデパートで店員に相談に乗ってもらって、ちょっと素敵な傘を買い、一緒に送った。するとすぐに、弾んだ声の彼女から、お礼の電話が掛かって来た。傘のプレゼントが、よほど嬉しかったようただった。

それから数ヶ月後、また、彼女から大量のコーヒー豆が送られて来た。クリスマスが近い時期だったこともあり、今度は米と餅と、またもやデパートで店員に相談に乗ってもらって、彼女に似合いそうな、鮮やかなオレンジ色のスカーフを送った。するとまた、すぐに、弾んだ声の彼女からお礼の電話が掛かって来た。その電話口で彼女は、「フィリピンニカエルコトニナッタヨ」「フィリピンに帰ることになったよ」と言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「夫惚れ直しエッセイ」好評発売中!

この連載について

初回を読む
あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる

渡辺千穂

中高年女性の間でときに「断捨離対象」のような扱いを受ける「夫」という存在。一生の愛を誓ったはずの夫が、いつ、どこで、どうして変化してしまったのか……。そう思い悩む中高年予備軍(30〜40代)の妻たち、結婚を控えている女性へ向け、人気脚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trick_smile 何か自然に読み進めてしまう、脚本家の文章力よ。 ただ、これは「奇跡」過ぎる。 → 約3年前 replyretweetfavorite

mi_kage9 こういうの読んじゃうから奇跡起こしたくなっちゃうじゃん… 約3年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

tsubaki808 だからこれは”運命”https://t.co/9XekDshBdy 約3年前 replyretweetfavorite