心のベストテン

笑われにいくヒップホップの大御所たち【ゲストDJ YANATAKE】

ヒップホップの最前線で長年活躍されているDJ YANATAKEさんをスペシャルゲストに迎えてお送りする『心のベストテン』最終回。ドレイクやケンドリック・ラマーをはじめとする世界的スターから、YANATAKEさんが一押しする若手までたっぷりと語ってもらいました。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。


左から柴那典、DJ YANATAKE、大谷ノブ彦

ドレイクが仕掛けた大喜利

柴那典(以下、柴) 前回は日本でもヒップホップのメディアができたことでシーンの状況がどんどん変わっていくんじゃないかという話でした。

大谷ノブ彦(以下、大谷) やっぱり僕はもっとヒップホップの人たちがフェスに出てほしいんですよね。それこそ『フリースタイルダンジョン』に出てるラッパーが、1万人以上がいる場所で自分の曲やってがんがん盛り上げてほしい。

DJ YANATAKE (以下、YANATAKE ) それは本当に思いますよ。

大谷 そのためには、もっとボケ側にまわる人が出てくるといいと思うんです。

 あー、たしかに。そういう人は少ないかも。

YANATAKE ボケ側にまわる?

大谷 日本のヒップホップってツッコミ側の文化がめちゃくちゃ強い気がしていて。この「心のベストテン」でもよく話題になるんですけど、本当に大衆性を持ったスターって、ある種のスキとか可愛げがあると思うんですよ。だからシーンのアイコンが突っ込まれてボケ側になる人が出てくることが必要だと思うんです。誤解されること、笑われにいくのも含めて。

YANATAKE たしかに、日本のヒップホップのシーンに笑われにいく人は少ないかもしれないですね。でも言い得て妙かもしれない。だって、アメリカだったらドレイクが笑いの対象になってるわけだから。

 そうなんですか? あのグラミー2冠の大御所ドレイクが!?

YANATAKE 完全にネタになっていますよ。たとえば「ホットライン・ブリング」という曲があるんですけど、彼がこのMVでやってる踊りがすごく特徴的なんです。

YANATAKE で、この4分過ぎのところでやってる振り付けのところで、ドレイクにテニスラケットをもたせたり、スターウォーズのライトセーバーをもたせたり、ポケモンボールを投げさせたりする動画がネットにたくさん上がっていて。

 ははははは。ほんとだ! おもしろい!

YANATAKE そうなんです。これね、背景をヌキやすい映像にして、完全にイジられにいってますからね。で、この曲が入っている『Views』のジャケットを見てもらってもいいですか。

『Views』
『Views』

YANATAKE ここの左上にひょっこり本人が座っているじゃないですか。そうしたら、この小さなドレイクをいろんな画像にはめ込んで遊ぶ人たちが出てきた。


@HPJArt|Twitter


@ASVPAVRON|Twitter


@Raquel_CarmonaH|Twitter

大谷 あははは。どこにドレイクが座っていたらおもしろいかっていう大喜利だ。

YANATAKE こうやってネットを盛り上げることが、ビルボード1位をとることにつながるんですよ。ケンドリック・ラマーの『DAMN.』もそうですね。このジャケットもすでにネットでバズってます。

Damn
『Damn』Kendrick Lamar

 この顔のところを変えて?

YANATAKE そうそう。顔を変えている『DAMN.』のジャケット画像や、このケンドリックの表情にオチをつけるツイートがネットにすごい上がってる。ロゴから表情まで、全部狙ってるんですよ。


@AhmadSaadeh2|Twitter


@SoulGorilla|Twitter


@chilonbomb|Twitter

大谷 いくらでも使ってください、俺をサンプリングしてくださいってことだ。

 なるほど。それに比べたら今の日本のヒップホップには大喜利ネタを作る人がいないってことですよね。ピコ太郎をやれる人がまだいない。

YANATAKE そういうことです。

時代を作るのはケンドリック・ラマー

大谷 YANATAKEさんから今年のヒップホップでまず聴くべき一枚を紹介するとするならば、どれになりますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri 「本当に大衆性を持ったスターって、ある種のスキとか可愛げがあると思うんですよ。だからシーンのアイコンが突っ込まれてボケ側になる人が出てくることが必要だと思うんです」 約3年前 replyretweetfavorite

LilPri_ そして今回はまたツッコミどころ満載😣 https://t.co/1X3fSRfgnQ 約3年前 replyretweetfavorite

shiba710 「)も今のうちにぜひ。 約3年前 replyretweetfavorite

uzcosho_ 大喜利ではBTS負けてないよね。だからこそのTop Social Artistだね。 約3年前 replyretweetfavorite