やらない理由

スタイルよくなりたいが、ダイエットするのは嫌

第11回は「ダイエット」ジレンマ。最初からやらないのではなく、挑戦と挫折を繰り返した苦しい経験があるからこそ、「ダイエットするのは嫌」。努力しなかったわけではない!と自分に言い聞かせる人も多いのではないでしょうか。とはいえ肌の露出も増えていくこの季節、ふつふつとジレンマが……。カレー沢薫氏が導き出した「やらない理由」とはいかに⁉︎

生涯をかけて向き合う「ダイエット」の壁

今回のテーマは「スタイルよくなりたいが、ダイエットするのは嫌」だ。
何か前に似たようなテーマがあったような気がする、一番最初とかに。
しかし、それだけ、我々が何度でも生涯かけて向き合わなければいけない問題なのだろう、平和で何よりだ。
ともかくダイエットクレイジーなわが日本である、痩せられるというなら、他人の心臓ぐらいは捧げてもいいと思っている女がほとんどだ。

しかし、なかなか心臓を捧げてくれる他人がいないせいか、ダイエットというのは成功率が低い「人生の半分以上を刑務所」で過ごした、と同じのりで「生涯の大半をダイエットとダイエットの挫折に捧げた」という極悪人がゴロゴロいる。

しかし、太りすぎていて健康を脅かしているとか、実は1週間ほど浴槽にはまったまま身動きがとれてないという場合を除いて、多少太っていても死にはしないし、スタイルなんて、サイズがセンチやメートルで表せられる内はいい、キロメートルになってから考えればいいじゃないか、という気もする。

しかし、体重やスタイルというのは体だけの問題ではない、時としてメンに大きな影響を及ぼす。まず何故ダイエットをするかというと、今の体重やスタイルに不満がある、つまりすでに今の自分が好きではない状態である、また、周りのスタイルのいい女子と比べて劣等感を抱いている。

つまりダイエットというのはスタート地点からかなりメンの調子が悪い状態なのである。
さらに「今の自分が好きじゃないからダイエットを始めたのに、その日の内に、ラーメン二郎で明らかに素人じゃない注文をしている自分」はどうか。
こいつは好きになれない。

つまりダイエットというのは、自分の外面のみならず、内面まで嫌いになれるチャンスという、よくばりタイムなのだ。
逆にこんなことを生涯かけて繰り返す日本の女はメンタルが屈強すぎる気がするが、あまりヘルシーな状態とは言えない。

食欲がダイエットに打ち勝つとき
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

qroqui1 なるほど、ダイエットに挫折し続けるというのは逆に「痩せさえすればなんとかなるはず」という希望を持ち続けることができるということか 約2年前 replyretweetfavorite

msk3345 {コラム} 2年以上前 replyretweetfavorite

hiroyuki3115 スキル生存本能大のログイン!そうだそのとおりだ! 2年以上前 replyretweetfavorite

meluru 美味しい率100%で激しく頷いた… https://t.co/XbFA26Qvhg 2年以上前 replyretweetfavorite