戦後、原宿の変遷〜セントラル・アパート、竹の子族、ピテカン

音楽ライター・磯部涼さんによる「日本語ラップ」の歴史をひもとく連載。太平洋戦争後、焼け野原となった原宿・表参道。しかし高度経済成長期に伴い徐々に発展を遂げ、現代に至る「若者の街」として捉えられるようになりました。セントラル・アパートの変遷、竹の子族、そしてピテカントロプス・エレクトスへ……。前回の記事「『ワイルド・スタイル』クルーが見たホコ天〜戦争・アメリカ・原宿」に続いてどうぞ。

1982年、18歳の藤原浩は、夕方になると毎日のように原宿のセントラル・アパートに向かったという。地元・三重県伊勢市の高校を卒業後、セツ・モードセミナーに入学するために上京した彼は、肝心の学校にはたった3週間ほどしか通わず、むしろ、夜の世界を学び舎としていく。そして、そこで出会った先生が、同住宅に事務所を構えていたファッション・ブランド<MILK>のデザイナー、大川ひとみだ。

藤原はセントラル・アパートで仕事の終わった大川やスタッフと合流すると、20時か21時には新宿の<ツバキハウス>へ向い、午前1時になると六本木の<玉椿>へ、さらにその後は西麻布の<レッドシューズ>へ、という風にディスコやカフェバーを巡り、朝、新宿の<京王プラザ・ホテル>で朝食を取ると、ようやく、帰宅するというコースを日課とした。それは紛れもない夜遊びだが、彼は大川と行動を共にすることでサブカルチャーの歴史を学んでいった。

やがて、藤原ヒロシと名乗り、日本のラップ・ミュージックの黎明に深く関わることになる男は、毎夜、繰り広げられる冒険の出発点だったセントラル・アパートについて、「聖地のような場所」だと振り返る。

「80年代前半、ギリギリ70年代の香りの残る場所だった【…】憂のある仄かに暗い70年代から、明るい華やかな80年代に移行してる時期だったんだろう。明るい未来と引き換えに何か大切なモノが消滅して行く時代だったのかもしれない」
70’s 原風景 原宿—リレーエッセイ 思い出のあの店、あの場所 Vol.7 藤原ヒロシ『セントラルアパート』

58年、表参道と明治通りがぶつかる神宮前交差点の東側に建設されたセントラル・アパートは、日本における高級賃貸住宅の先駆けだった。当初、立地がワシントン・ハイツ(前記事「『ワイルド・スタイル』クルーが見たホコ天〜戦争・アメリカ・原宿」参照)に程近いこともあって軍関係者に部屋を貸し出していたが、次第にアメリカナイズされたつくりに惹かれた、日本のファッション、広告関係者の事務所が増え、この国のサブカルチャーの拠点となっていく。

64年秋にセントラル・アパートを訪れた23歳のコピーライター・高橋靖子は、まるで、〝外国〟にいるような感覚を味わったという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本語ラップ史

磯部涼

「フリースタイルダンジョン」や「高校生ラップ選手権」の流行、メディアでの特集続き……80年代に産声を上げた「日本語ラップ」は現在、日本の音楽シーンにおいて不動の位置を占めるものとなりました。いとうせいこうらの模索からはじまり、スチャダ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年以上前 replyretweetfavorite

alt38000 こういうちょっと知ってる街の歴史を聞くとV:tM(オリジナル設定)やりたくなるですね 3年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 3年以上前 replyretweetfavorite

fleetyokota cakesでこんな連載が始まってた。ラップなど全然分からないけど、執筆者の磯部涼氏は、緻密に調べて誠実に書く方なので(以前記事を拝読した限り)、今後もかなり読み応えのある連載になりそう|磯部涼 @isoberyo | 3年以上前 replyretweetfavorite