それでも僕は、外科医をやめない

既婚アラフォー女性なのにモテる理由

先月、突然の結婚を発表した雨月氏ですが、これまで通り知人女性との日常的な会食は節度を持った形で続けてくれてるようです。寛大な奥様に感謝しつつ、今回の雨月氏の客人はどこか危険な香りのするアラフォー女性……。モテることを自覚しているアラフォー女性との会食は、なかなか刺激的なものになったようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

新緑が眩しい5月になりました。4月から新しい職場や学校での生活を始めた皆さんは、そろそろ駆け抜けた1ヶ月の息切れが始まるころ。そう、5月病です。きちんとペースダウンをして、休めるときはきちんと休み、遊べるときはちゃんと遠出をしてください。私は1年目の研修医にも口を酸っぱくして言っています、「土日はちゃんとどこか遠出をしろよ」と。週末の休みの日には、きちんとストレス貯留メーターをゼロにしておかなければなりません。別に優しさで言っている訳ではなく、その方がウィークデイの吸収率や効率が上がるからです。

古い外科医の多くは根性論派ですから、「土日もずっと病院いろよ」なんて言う人がいるんですが、アホの極みです。その結果仕事の質と成長速度が阻害されていることに気づかないんですね。

さて、先日のこと。私は奥さんの許可を得て、ある女性と食事をしておりました。場所は東京駅近く、丸ビル1FのWIRED CAFÉ

ここは待ち合わせや、ちょっと一杯誰かと話しながらという時にとても便利なところ。私は別件を終え、がやがやと賑わう金曜のカフェに、一人でヒューガルデンホワイトを飲んでおりました。夜の10時くらいだったでしょうか。考えていることといえば、店員さんが勧めたもっとも入り口近くの席を「え?ここ?」と思わず大きな声を出して、空いている奥の席にしてもらったことの後悔。その女性店員さんだって、閉店間際に入ってきた男にそんなことを言われるいわれはありません。きっと彼女は今日帰宅して、お風呂にお湯をためて入りながら思うんでしょう。ああ、あのお客さん嫌だったな、横柄な人だったな、なんて。そして顔をお湯に半分つけてぶくぶくとため息を吐くのでしょう。

飲みやすいヒューガルデンをごくりと飲み干した私は、その彼女には頼みづらくて、別の男性店員さんにオーダーをします。

「白ワインをグラスで」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 名刺ポンポンのくだりにワロタ。→ 4ヶ月前 replyretweetfavorite

joseph_jr______ https://t.co/jqiPmKmmWr エロを恥じらうお年頃でも無い。そして、エロをきわめてフツーのテンションで語る。 私もこんな人はいいなぁーと思う。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sayakachiba うん、笑った。w。何に対しても、正直でさっぱりとしてる人はモテると思う。 https://t.co/anInsFuvTS 4ヶ月前 replyretweetfavorite

HHIKARI7 私の知らない世界は無数にあるもんだ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite