ワイルド・スタイル』クルーが見たホコ天〜戦争・アメリカ・原宿

共著『ラップは何を映しているのか』も話題の、音楽ライター・磯部涼さんによる「日本語ラップ」の歴史をひもとく連載。今回は「ワイルド・スタイル」クルーが目撃した80年代原宿の風景からスタート。そこに至るまでの原宿の戦後の歩みと、現代アメリカのポップカルチャーのミッシングリンクが幻視されます。前回の記事「1983年、NYからの黒船〜映画「ワイルド・スタイル」の衝撃」に続いてどうぞ。

映画『ワイルド・スタイル』の関係者一行は、83年10月5日の記者会見から始まった目紛しいプロモーショナル・ツアーの中で、休日の原宿・表参道を訪れる。そこは、歩行者〝天国〟—通称・ホコテンと呼ばれていたが、瓦礫に埋もれたサウス・ブロンクスがアメリカの生み出したディストピアなのだとしたら、確かに真逆の世界だった。

日本有数のショッピング・タウンを縦断するメイン・ストリートが、車の侵入を禁止することで路上のランウェイと化し、思い思いの格好で着飾った若者たちが他人の視線を意識しながら行き交う。そして、そのショーは、サウス・ブロンクスのヒップホップ・カルチャーの構成員、つまり、B・ボーイ、ライター、DJ、ラッパーが、お下がりや廃品、及び盗品でつくり出すブロック・パーティとも違って、ピカピカの新品に彩られていた。

もちろん、彼らは、同時点でマンハッタンのクラブやギャラリー、ひいてはエンターテイメント業界へと活動範囲を広げており、既に煌びやかな格好をしたパトロンや、奇抜な格好をしたアーティストと出会っていた。しかし、遠い異国のポップ・スタイルは、改めて世界の広さを教えてくれたのだ。

例えば、とある一団は、リーゼントにレザーのジャケットとパンツというファッションで身を包み、ブーム・ボックスで鳴らすロックンロールに合わせてツイストをしていた。しかし、映画『アメリカン・グラフィティ』から飛び出してきたような彼らの顔は、明らかにアジア人なのだ。サウス・ブロンクスの若者たちはパラレル・ワールドに迷い込んだみたいに、不思議な気持ちでダンスを眺めた。

『ワイルド・スタイル』の監督であるチャーリー・エーハンとツアー・コーディネーターである葛井克亮がホコテンに出演者たちを連れてきたのは、国境を越えたスタイル・ウォーズが起こるのを目論んでのことだ。ところが、その前に本当の喧嘩が起こりかねなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本語ラップ史

磯部涼

「フリースタイルダンジョン」や「高校生ラップ選手権」の流行、メディアでの特集続き……80年代に産声を上げた「日本語ラップ」は現在、日本の音楽シーンにおいて不動の位置を占めるものとなりました。いとうせいこうらの模索からはじまり、スチャダ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

isoberyo cakesの連載『 3日前 replyretweetfavorite

pktmgr な理 httpSierra ああすいませんなクサ さそは からさせ://だけどツカレタヨさほこほねねか んだろあhttps://t.co/2yd1vguOzhのなので ひりぬぬはらくら さよ 6日前 replyretweetfavorite

keepout0000 https://t.co/qPQyli5tu1 7日前 replyretweetfavorite

isoberyo 『ラップは何を映しているのか』でも言ったように、音楽の本質は脱政治的なもので、ただひとは政治から逃れることは出来なくて、その前提を確認するためにも『 8日前 replyretweetfavorite