教室で地味男子に足裏をもまれた夏の終わり

「やれたかもしれない世界で暮らす全ての人々に祈りと祝福を――」今回の「やれたかも」は女子大生・石嶺のお話です。文化祭準備に明け暮れていた高校2年の夏休み、作業を手伝いに現れたのは同じクラスの草食系男子でした。初の女性参加者に、やれたかも委員会はどのようなジャッジを下すのでしょうか。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やれたかも委員会

吉田 貴司

あのとき、もしかしたら、あの子とやれてたかもしれない……。男たちのそんな「やれたかも」を、「やれたかも委員会」が判定します。漫画家・吉田貴司さんが描く、切なくも可笑しい話題作! やれたかもしれなかった夜は、人生の宝です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kassarakaiya |吉田 貴司 @yoshidatakashi3 |やれたかも委員会 3ヶ月前 replyretweetfavorite

syoifczeri @SatoshiThermoph https://t.co/hFBpKpI6n9 例えばこんな帰宅風景 4ヶ月前 replyretweetfavorite

stealsteel |吉田 貴司 @yoshidatakashi3 |やれたかも委員会 面白すぎかよwww https://t.co/DPD4aGBEZz 5ヶ月前 replyretweetfavorite

hagetemasu7 |吉田 貴司 @yoshidatakashi3 |やれたかも委員会 月満子さんが「 5ヶ月前 replyretweetfavorite