やらない理由

お金は欲しいが、働くのは嫌

第7回は「働きたくない」ジレンマ。今回は月曜更新の当連載だからこそお届けしたかったテーマのひとつ。朝目覚めた瞬間に「あぁ〜働かずに暮らせたらな〜」と心の中(もしくはSNS)でツイートした経験はありませんか? カレー沢薫氏が多くの人が抱えるこのジレンマと向き合います。華麗なパンチで健やかな1日を!


迷いこんでしまった不思議の国

今回のやらない理由。テーマは「お金は欲しいが、働くのは嫌」だ。
前から思っていたが、この連載いきなりテーマが巨大すぎる。
初っ端から「人間が生きていく上で必ずぶち当たる矛盾」みたいなものばかり出てくる。

もっと「ウンコはしたいけどケツを拭くのは嫌」とか、矮小(わいしょう)なことから攻めてもらわないと絶対に息切れする。しかし、よく考えたらケツを拭くかどうかもでかい問題だ、逆にこれに比べたら全部小さく感じる。むしろケツにウンコがついている奴に「人生とは」みたいなことを考える資格はないような気がしてきた。つまり今回のアンサーは「ウンコするならケツは拭いたほうがいい」だ。

これでだいぶ「金は欲しいが働きたくない」などという矮小な悩みは消えたはずである。そもそも、働かずに暮らしたい、なんてほぼ皆思っている。

だが圧倒的過半数にもかかわらず未だ我が国には労働などというものが存在している、つまりこの国は「民主国家ではない」ということがわかる。だからと言って独裁国家かというとそれも違う、ほかの独裁国家だと、あの将軍様とか議長殿とか、具体的な顔が浮かぶものだが、日本はイマイチ誰がどのリーダーで何をしているのかも思い浮かばない。

つまり、民主でも独裁でもない謎国家である。謎国家であれば、皆が働きたくないと言っているのに働かなければいけない、という奇妙な出来事が起こってもなんら不思議ではない。よって、あなたも、あなたを今、口を極めて罵倒しているクレーマーのおっさんも、不思議の国に迷い込んだアリスである。
つまり、相手が金髪の少女と思えば許せるのでは、という話だ。

結局誰もが思っていることであり、ケツが二つに割れていることを悩むようなものなのだ、むしろ「好きな仕事さえできれば金なんていらない」などと言う奴のほうが、ケツが79個ぐらいに割れているのだ、もはや奇数である。

「ある程度の資産」の作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

egu_Micch そういえばやらない理由になんかあったなと思い出し再読 いつも何かに気付かせてくれるw 8ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

rosia29  月曜を前に 2年以上前 replyretweetfavorite