じゃあ、うんこって叫んでみて」とコアラのぬいぐるみは言った

タイムカプセルを掘り起こすため、ぬいぐるみのムッシュを連れ出かけた星太朗。道中、子どものころ、大人になると体は大きくなるが心は小さくなるとムッシュが言っていたことを思い出し、今の自分は心が小さいかどうか、ムッシュに問いかける。すると、ムッシュはびっくりするようなことを言ってきた。
ぬいぐるみと出版社校正男子の切なさMAXの友情物語小説『さよなら、ムッシュ』を特別先行掲載!
イラストは、なんと松本大洋さんの描きおろし!

 ⑦タイムカプセルを開ける


 数日後の午後、星太朗は久しぶりにムッシュをリュックに入れて家を出た。

「ねぇ、僕の心って、小さくなった?」

 振り返らずにそう聞くと、半開きのリュックからムッシュが顔を出す。

「なんで?」

「タイムカプセル、埋めたときに話してたでしょ。憶えてる?」

「あぁ、そうだっけ」

 ムッシュはぼそりと言って、少しの間考える。

「じゃあ、うんこって叫んでみて」

「はぁ?」

 大きな声を出してしまい、慌てて振り返る。幸い周りには誰もいないようだ。ほっとした瞬間、ムッシュがその数倍の大声を上げた。

「うんこ!!」

「ちょっ、やめろって!」

 星太朗はリュックを前に回してムッシュを押し込む。

「って叫べないの?」

 押しつぶされても、ムッシュは楽しそうだ。

「無理に決まってるだろ!」

 星太朗が怒ると、ムッシュはつまらなそうにぼやいた。

「あー、小さいね。それに硬くなってる。うさぎのうんこみたいだね。昔のせいたろなら、喜んで叫んでたのに」

 たしかに、子どもの頃は一緒に叫び合っていた。だだっ広い空き地で。団地と団地の間で。ときには自転車を飛ばしながら。うんこと言うだけで、どうしてあんなに面白かったんだろうか。今では不思議でたまらない。

 だけどそう思っていること自体が、大人になってしまった証なのかもしれない。

「まぁ、それなら、心が小さい大人で結構です」

 小声で否定しているうちに、目的の場所に到着した。

 ……はずだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
さよなら、ムッシュ

片岡翔

あの日。気がついたら、その子は話しはじめていた。コアラのぬいぐるみのはずなのに。 それ以来、彼はそのことを20年間秘密にして、生きてきた――。 気鋭の新人映画監督・片岡翔が初めて小説『さよ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません