それでも僕は、外科医をやめない

独身をこじらせきった男、雨月。結婚しました

担当編集ですが、わたくし怒っています。今回は担当編集として、本音を書かせてもらいます! 残念ですが、「おめでとう」を言う気分になれません。その理由は皆さん、すでにお察しかもしれませんが、読者様に対してあれほど結婚の悪口を言ってた男がですよ……あっさり「結婚しました」なんてよく言えるな、と。ちょっと今の彼の気持ちを皆さんで聞いてみましょう。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

四月も半ばを過ぎ、新しい環境にようやく慣れてきた方が多いのではないでしょうか。四月は緊張したまま突っ走るためあまり疲れを自覚しないものですが、そのせいで「五月病」なんてものが出来てしまいました。ご自身が思っているより遥かに心も体も疲れていますから、この四月下旬のタイミングでちゃんと休息を取るようにしましょう。休息は、体だったら一日中寝ていてもいいですし、心だったら三月までの懐かしい人や家族に会いに行くのがいいと思います。気分をちゃんと変えてくださいね。

突然ですが、タイトルにもありますように、私の結婚のご報告を致します。なにもわざわざ書かなくてもいいと言われるのですが、これまで「独身こじらせ男」で皆様とお付き合いしていた手前、隠しているのは不義理と考えご報告致すことにしました。お相手は、この連載にも出てきたことのある女性です。この連載にはかれこれ100人くらいの女性が登場しますので、どなたかはご想像にお任せ致します。どんな人かというと、まあコジ男と結婚してくれる位ですから、とてもいい人です。もちろんこの連載のこともご存じです。

本当にいい人なんですよ。ノロケでうんざりします? いえいえ、ちょっと考えてみて下さい。特に女性読者の皆さん、自分の彼氏や夫が恋愛コラムを書いていて、取材とはいえしょっちゅう美女と呑みに行っていたら嫌じゃないですか。そしてドヤ顔で「結婚怖い」とか「こじらせ」とか言っていたら嫌じゃないでしょうか。この辺りは人気恋愛コラムニスト、林伸二さんの奥さんにも伺ってみたいところ。

なぜ私が結婚したのか。結婚への恐怖がぬぐえた訳ではありませんが、私の生活の大きな変化もあり、また付き合っていた相手の尋常ではない覚悟を見て、これは結婚しようと思ったのです。そしてベストセラー作家の知人が、「結婚はクリエイティビティを妨げるどころか、加速するんだよ」と私に言ったその一言が私の背中を押したのも事実です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

33makenai 嘘でしょ…びっくりした。おめでとうごさまいます。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo ただただ祝福し、ただただ読み続ける。そんな心境です。やはり祝い事ってのは良いもんですね! 5ヶ月前 replyretweetfavorite

yo_satsuki 本編よりも冒頭の5月病に納得してしまった… 5ヶ月前 replyretweetfavorite

hokkai7go 結婚した途端に面白くなくなってる事実が面白い。そのおかげで最後まで読めた 5ヶ月前 replyretweetfavorite