やらない理由

仕事ができると褒められるのはいいが、仕事が増えるのは嫌

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しましょう。第4回は「お仕事」ジレンマ。

世の中にはびこる「履き違え事故」の実態

今回の「やらない理由」テーマはこちらである。
「仕事ができると褒められるのはいいが、仕事が増えるのは嫌」
世の中には多くの「履き違え事故」というのがある、ただ忙しく疲弊しているだけの状態を「充実」と勘違いしたり、フリーハグならぬフリーファックだと思われていることを「モテ」と思い込んだりすることだ。上記のテーマも典型的履き違え事故だ、仕事というのはデキる奴に集中するものではない。
「頼みやすい奴」「断らない奴」に行くものなのだ。そもそも「仕事が多い」のと「仕事がデキる」はほぼ無関係であり、もちろん他人からもそう思われていない。

わかりやすく言うと、現在私は、昼間会社員をしながら、全部ベッドの上で見ている妄想でなければ漫画、コラムの連載を10本ぐらいやっている気がする。文章を書くときは、ボキャブラリーの限りを尽くそうとするが、現実世界での語彙は「疲れた」以外消滅した。片や『ONE PIECE』の作者は連載が1本。
もちろんあのクオリティで週刊連載をするのは私以上にハードだと思うが、少なくとも一つのことに集中できている状態だ。つまりこの両者、どちらの方が人気があり、世間から認められ、ついでに儲(もう)かっているか? という話なのである。

いまだかつてなくたとえが美しくキマってしまったので、もうこれ以上書きたくない気持ちでいっぱいだが、大任を多く任されるというならまだしも、雑務が山ほどやってくるというなら「まずいけど、早くて安い」というような牛丼以下の見くびられ方をしている可能性が高い。
しかも、そういう仕事が集中するようになるといつか手に負えなくなるか、忙しくて大きなミスをしてしまうだろう、するとどうなるか「仕事がデキない奴」と言われてしまうのだ。想像するだけでメンがヘラッヘラになってくる。だったら、雑務さえ任せてもらえないボンクラ扱いの方がまだマシだ。しかし、我々は褒められたい、褒められたすぎる、褒められたいあまり、今吐いた。

「褒められたい」「認められたい」という欲求
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

rosia29  仕事はあってもなくても地獄だ気にするな 2年以上前 replyretweetfavorite

minito1245 カレー沢薫さんのコラムいつも面白いけど、これは本当に真理を突いている気がする。 2年以上前 replyretweetfavorite

mimana_o これはすごいフレーズ<『「認められたい」という欲求は人として当たり前であり「褒められたい」と思った時点で、あなたは健康で偉い。』 < 2年以上前 replyretweetfavorite