老人の描く未来が一番古い」左ききのエレン|39話

広告代理店には様々な局が存在する。光一や神谷などのデザイナーが所属する「クリエイティブ局」には数百名が所属しているが、その長はたった一人しかいない。曲者ぞろいのクリエイターを束ねるその人とはーー。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Qu_ma 左ききのエレンでも胸に刺さって抜けない言葉が連続して続くこの辺りの話に一時期完全にやられましたが、今では頷きしかないです https://t.co/bUUlQLZlTb 「オ… https://t.co/FhmwDpk4aR 約2年前 replyretweetfavorite

kitar 単行本で読んだけどドキッとするねこのフレーズ。「ビジョナリー」と一口に言っても、固定観念が少ない&未来を自分ごととして考えられる若いときに発揮しやすい人と、時代の変化を実体験として積み上げた後に発揮しやすい人と、いるんだろうな。 https://t.co/TVnR67hFDL 約2年前 replyretweetfavorite

ayakan327 チーム良いなあ。たいてい1人なのに気が付いた最近 5年以上前 replyretweetfavorite

esfeb0203 チームメンバーに挨拶するときの神谷の台詞が最高 5年以上前 replyretweetfavorite