歴史から今を学ぶ?

今回の第3回は前回にも増して見逃せない、いや読み逃せない話題が満載です。 地域の人口流出の防止には大学の数が大切であるというお話から、2025年以降の日本経済は激変するというお話、そして、藤野英人さん直伝の「八ヶ岳戦法」などなど、対談は大いに盛り上がります。

第1回 経済と歴史小説は密な関係?
第2回 金持ちの目標は金儲けに非ず

大学はダムのようなもの?

伊東 ライフネット生命保険のCEOの出口治明氏と対談した折、『日本の未来を考えよう』という本をいただき、それで知ったのですが、日本は、ほかのOECD諸国に対して大学進学率が低いですよね。

藤野 そうですね、50%くらい。

伊東 欧米は80%くらいかな。その差はとても大きく、これから大きな影響が出てくるのではないかと心配です。

藤野 大学進学率というのは結構重要な要素なのです。よくFランキングと呼ばれる大学のことを存在意義がないなどと言っている人がいますよね。でも、Fランキングの大学だって必要なのです。例えば、和歌山県は若者流出率ナンバー1ですが、それがどうしてかと言えば大学がないからなのです。和歌山県には和歌山大と少数の私立くらいしかない。大学進学率は50%、和歌山では大学がないのでそれだけの若者の多くが県外に出るわけです。東京とか大阪、名古屋などに出るわけですけど、卒業後に戻ってくるのは10%くらいしかいない。

伊東 そんなに低いのですね。

藤野 大学とは一種のダムみたいなもので地域内の大学への進学者が多いとその地域に若者が残る可能性が高いわけです。要するに若者を何とかして流出させないということが大事です。

 その点で、対照的なのが富山県と新潟県です。富山県は住みやすい町ナンバー1ですけど若者の流出が止まらない。どうしてなのかと言うと、ワクワクしたりドキドキしたりがない。美味しいものがあって、のんびりできるのは確かにいいですが、若い人からするとワクワクドキドキがとても大切なのですね。

 一方、新潟の場合、アルビレックスの創業者がワクワクドキドキが大事だということでサッカー場を作って、遊べるところを作った。それだけではなくて、あとに残るものも作ろうということで福祉やコンピューター関連の専門学校をたくさん作ったのです。そうすると、多くの若者がそこに進学して、卒業した子が地域に残るし、遊ぶところもあるので町づくりも出来ることになるわけです。

2025年以降が問題?

伊東 ご著作の『ヤンキーの虎』にも記されていますが、2025年くらいまでには、今までの地域社会というのが崩れ、ヤンキーの虎たちも苦戦を強いられるということですが、その対策を各地域で考えていかないとたいへんなことになりますね。

藤野 2025年まではまだ大丈夫です。まだ、団塊の世代の人がいますからね。2025年以降はそれらの人が人生の退場をし始めます。今まではビジネスの世界からの退場はしていても、そこそこのお金を持っているので消費もするし、社会参加する人もいますからね。でも、2025年以降は後期高齢者になって人生の退場をしていってしまう。そうすると消費が縮小していくわけです。

 そのなかで特に不動産の価値はどうなるのかが重要です。不動産の価値が下がりそうなところというと東京です。東京には地方からも人が集まってこない状況になって、出生率も低いですから、2025年以降は人口が激減するでしょうね。東京でも中野とか荻窪などは顕著でしょうね。若者の流入がなくて、シニアの人ばかり、団塊の世代がいっぱいいるわけですからね。若者の町というけれど団塊の世代の人たちが若者だった時の若者の町だったのです。むしろ、池袋などの方が人口流入があるかと思いますね。

歴史から今を学ぶ?

藤野 経済の動きがどうなっているかということと過去の偉人達がどうして来たのかということを同時に見ていくことがこれから求められる姿勢だということがすごく感じられますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
江戸を造った男』特別対談—伊東潤×藤野英人 

伊東潤 /藤野英人

【『江戸を造った男』重版記念対談】 ファンドマネージャー・藤野英人さんと小説家・伊東潤さんの対談。 藤野さんが河村瑞賢を好きな歴史上の人物に挙げられていて、伊東潤さんが新作『江戸を造った男』で主人公に瑞賢を描いたことがきっか...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jun_ito_info 対談もいよいよ核心に近づいてきました。敗者から学ぶこと、撤退戦略、時間に限りがあること、ナンバー1になれなくても強みを増やしていき、得意の複合技で勝負すること、2:8の法則などにまで話は及びます。ご質問やご意見を承りますのでぜひ。https://t.co/DH98b558qY 2年以上前 replyretweetfavorite

jun_ito_info 「投資とは自立して、未来を切り開くこと」とおっしゃっていた藤野英人さん。伊東潤も「自責」が大事だと言っています。 藤野さんとの対談(https://t.co/DH98b558qY)で出た、勝者・徳川家康の強みは「自責」ができること… https://t.co/dqDCF3OPcR 2年以上前 replyretweetfavorite

jun_ito_info 藤野さんと伊東さん、それぞれが歴史から学び、これまでの経験で培った仕事術をさらけ出されています。ビジネスマン・若者必見の第3回です。 藤野英人さんとの対談はこちらから→ https://t.co/DH98b558qY (スタッフ) 2年以上前 replyretweetfavorite

jun_ito_info #江戸を造った男 特別対談第3回が公開です。 https://t.co/DH98b558qY 投資家・藤野英人さんと小説家・伊東潤が江戸時代の商人・河村瑞賢を語ります。 プロジェクトリーダーとして国のインフラ事業を行い日本の基盤を作った瑞賢から仕事術・日本経済の未来を学びます。 2年以上前 replyretweetfavorite