フェル先生のさわやか人生相談

新しい上司と古くからの先輩の間で板挟みになっています【第202回目】

風が冷たくなり、冬の訪れを感じるこの頃。今回は会社員の女性から届いたお悩みをご紹介します。中途入社した上司が会社の慣習に従わず、周りと衝突していているのを見て困っているそうです。新しい上司と古くからの先輩の間で板挟みになっている相談者さん。双方が打ち解けて歩み寄る方法はあるのでしょうか。フェル先生が、この板挟みを解決するための上手な振る舞い方を伝授します。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

上司と他部署の人たちの軋轢をなくすにはどうしたらいいですか?

地方の古い保守的な製造業の会社に新卒で入社して働いて9年。うちの会社は一町工場が身の丈に合わない急成長を遂げてしまったせいか、企業体質やグローバル化は現代のあるべき姿から一足も二足も遅れています。ここ数年、このままではいかんという社長の方針により、中途で管理職の方が入社されるようになりました。今の私の上司(女性・50代・独身)もそのうちの一人で、これまで外資系の企業で日本法人を一人でマネジメントしていたという経歴の持ち主です。これまでうちの会社では学べなかった知識や英語の能力を間近で学べることができることをとても感謝していますが、一方で困っていることもあります。「ばかばかしい」と一蹴して会社の慣習に一切従わず、最終的に外様&女カードを切り札にして、通常管理職がすべからくすすっている泥水から背を向ける姿勢が、管理職生え抜きの管理職の反感を呼び、他部署との衝突が絶えないのです。

親身になって指導してくださる上司のことは好きですが、彼女が批判する人たちも私からすれば、昔ながらの実直で堅実な良い人たちばかりです。旧態依然とした会社の体制をどうかと思う反面、それでこれまで苦労してきた男の人達を見ている分、その苦労から逃げて、批判だけして、それをどうすれば変えら れるかは考えないことにも腹が立ちます。上司にやんわりと言ったこともありますが、機嫌を悪くするだけで、聞き入れてはもらえませんし、他部署とのコミュニケーションが大半を占める業務の性質上、他部署とも上手くやっていきたいと思っています。ヒラ社員の自分がこの状況を改善する方策は何かありますでしょうか?
(年齢不詳・女性・会社員)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

niade2 さいごの一行まですばらしい回答だなあ! 約3年前 replyretweetfavorite

moxcha すべからくで合っているんじゃないのかな。両者褒めはすばらしい回答だと思う 約3年前 replyretweetfavorite

dongchuang 叩き上げな人もいれば、外資な人もいるし、「両者誉め」の大役もいて、会社は成り立っていくのなりね。 約3年前 replyretweetfavorite