ブス図鑑

珍妙な格好の個性派ブスは、服の方がドブス様の顔の個性に負けている

毎年のことだが、夏は暑い。
半袖や水着を着たりと、何かと露出が増える季節ですね。
露出が増える分、気になるのは無駄についたお肉…そして体型。
それをいかに見せるか。何を着るか。ブスにとってのファッションとは……?


ダラっとした服を着てさらにダサくなる「ブスパイラル」に陥るブス

夏である。
ブスに限らず、多くの女がこの季節のために、ちょっと前からダイエットや脱毛を始めていると思う。

その理由は水着を着るためだったり、水着を着る予定はないが、いつ海に誘われてもいいように、だったりする。後者の場合、成功率は銀行預金の金利以下であるが、とにかく夏の装いに耐えうる体にしようとするのだ。さもなくば、周りの人間の目が耐えなくてはいけなくなってしまう。

それに失敗した者は「服かよ」というような、肌や身体の線の露出を極力排した水着での「入水自殺スタイル」で海に行くことになるし、陸でもスタイルがバレないようなダラっとした服を着るため、さらにダサくなるという「ブスパイラル」に陥ってしまう。

古来より、「オシャレは我慢(見る者を含める)」と言われており、見た目を重視する代わりに何かを犠牲にしなければならない。真冬でも、生足を放り出しているJKを見ればわかるように、寒暖に耐えるのは基本中の基本。機動力、通気性無視、謎のベルト地獄、そして衣服としての利便性に反比例する値段。このような多くの屍の上に、オシャレは成り立っているのだ。

さらにオシャレは、オシャレしているときだけ我慢すれば良いものではない。
そしてオシャレとは、オシャレなアイテムを身につければ完成するというものでもない。むしろ、アイテムが上級になればなるほど、身につける者の実力が試される。

パリコレに出てくる服など、オシャレすぎて1メートル間隔で職質されること請け合いなものばかりだが、それをなぜ「これが最先端だ」と自信満々で出した上、同じく最先端である、ファッション界の宗谷岬的な人に「わかる」と、言わせられるかというと、トップデザイナーがデザインしたものを、トップモデルが着ているからだ。

これをそこら辺のブスが着たら、パリコレは一気に仮装大賞になるし、欽ちゃんや香取慎吾がどれだけ懇願してもランプは全く上がらない。

ドブス様は「服が俺に合わせるんだ」という強い心を持っている

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Elimiso 服や体の線の露出を極力排した水着を「入水自殺スタイル」と呼ぶところがツボにハマってしまったごめん。 3年以上前 replyretweetfavorite

akira_818 キレっキレ。 3年以上前 replyretweetfavorite

wanderXwander  なんつーか…ちょうおもしろい(語彙が無い 3年以上前 replyretweetfavorite

okadaic ぐう。 / 他1コメント https://t.co/Gvh6hahHfi 3年以上前 replyretweetfavorite