家庭や男女の人間関係と、個人と会社の信頼関係は通じるもの

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「働くこと」について語っていただきました。仕事と母親業とをこなすなかで実感した、働くことの本質、そして、企業と個人が目指すべき、新しい雇用関係とは? 女性はもちろん、働くすべての人に読んでほしい新連載です。

信頼は「自発性」によって作られる

篠田 働き方には「新卒採用・終身雇用」しかないって思い込んでしまうと、精神的につらくなるだろうなと思うんです。この問題は、個人と企業の間の「信頼」に関わってくるんですけど。

— 前回の「アライアンス」についてのお話の中でも、「信頼」がキーワードでした。問題というのはどういうことですか?

篠田 会社と人の関係は、普段の人間関係になぞらえることができると思うんです。
 たとえば、私がいかに由佳里さんのことが大好きで信頼していても、もし「今後は由佳里さんとしかお友達関係を作ってはいけない」となってしまったら、その瞬間、お互いにかなりツラくなると思うんです。

渡辺 ふふふ、いいたとえですね。

篠田 私は、ほかの方たちともいろんな形でおつきあいしてるからこそ、由佳里さんとはこういう信頼関係を作ろうと思える。それは誰かから強制されるようなものじゃないんですよね。たぶん、職場と人も、本当はそうあるべきだと思うんです。
 会社も変わるし、人も変わる。なのにいつも同じ相手といなきゃいけないというのは、閉塞感につながります。その閉塞感があるにも関わらず、付き合い続けなきゃいけないとなったら、その関係はもう信頼関係じゃなくなりますよね。

渡辺 そう思いますね。

篠田 信頼のベースになるのは「自発的に信頼すること」なわけで、それが「義務」になった瞬間、信頼とは違う何かになってしまう。「お互い選択肢があっての自発的なこの関係ですよね」って、思えることが重要なんです。
 だから、結果として終身雇用なのはすばらしいと思います。初恋の人と結婚して添い遂げたみたいな話だから。

渡辺 そうそう、そんな感じですよね。それは幸せで、ラッキーなパターンで。
 やっぱり、そのシチュエーションを自分が選んでいるのか、それとも強要されているのかっていうのは重要で、少なくとも、半分は成り行きでも「自分が選んだ」って思えてること。それが絶対に必要ですよね。

すべてを求める関係は不幸になる

渡辺 今お話していて思い出したんですけれど、以前読んだ本で、ブッカー賞と全米図書賞の最終候補になった『A Little Life』っていう本があるんです。その中の登場人物のセリフに、「relationship(関係)が与えるのはeverything(すべて)じゃない、something(なにか)なんだ」っていうのがあって。

篠田 うんうん。

渡辺 そのキャラクターが、「若いころには、すべてが得られるような気がしてしまっていた。でも、実際にはそうじゃなかった。うまくいっている関係とは、カップルの両方が、相手の持っているもっともよい資質を認め、それを尊重することを選んだケース。だから、自分に大切なこと3つを選ぶんだよ」みたいなことを言っているんです。

篠田 なるほど。

渡辺 それは、いろんなrelationshipで言えることだと思うんですよね。結局、失望するのは、「ぜんぶが満たされないとダメなんだ」って思っているからなんです。男女で言ったら、恋心も、忠誠心も、経済力も、居心地の良さも……って。でも、そうじゃないんだと。

篠田 そう思いますね。

渡辺 職場とのrelationshipでも、同じことが言えるんじゃないかと思います。信頼って、「選ぶ」というところがすごく問題ですよね。

篠田 「選ぶ」という行為は、基本的に自発的なのものですものね。

渡辺 そう、両方ともがそれを認識して、大事だと思った上で選ばないと、関係はうまくいかない。理想的なrelationshipというのはそういうものなんだって、その本を読んで思ったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リンクトイン創業者が提唱する「人と企業」の新しい関係とは。

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ
ダイヤモンド社
2015-07-10

この連載について

初回を読む
母が語る、あたらしい働き方—渡辺由佳里×篠田真貴子対談

渡辺由佳里 /篠田真貴子

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

EMIKOpipipipink これも良い記事。確かに、家庭でも男女でも友人でも会社でも、関係を築く方法や心持ちは変わらない気がする。そこを見失っているときは、何に対しても上手くいかず。。 https://t.co/lxaFeihYlN 約3年前 replyretweetfavorite

bugyou333 |渡辺由佳里 @YukariWatanabe /篠田真貴子 @hoshina_shinoda |母が語る、あたらしい働き方ーー渡辺由佳里×篠田真貴子対談 めちゃ面白い https://t.co/Vkc8eXq4wZ 4年以上前 replyretweetfavorite

kobayashi_miho 読みながらいろいろ反省。 cakes「」 https://t.co/PJhZdfuRgF 4年以上前 replyretweetfavorite

LPSP4912 信頼のベースは自発的である事で、その為には選択肢が必要。すごく考えさせられた。 4年以上前 replyretweetfavorite