心のベストテン

2人の天才男子高校生、J-POPシーンに現わる

J-POPシーンに早熟の天才が現れたそうです。ニコニコ動画の音源にラップをのせた高校生ラッパーと宅録をしながら熟練のプロミュージシャンと渡り合うポップマエストロ。果たしてどんな二人なのでしょうか。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

「すべてを俯瞰で見えてしまうがゆえの孤独」を歌う高校生男子

柴那典(以下、柴) 前回はドリカムがテーマでしたけど、今回は新世代の話をしようと思います。2人の天才男子高校生がJ-POPを革新するという話。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 僕も噂は聞いてますよ。すごいやつがいるって。

 そうなんです。とんでもない天才が出てきた。まず一人は「ぼくのりりっくのぼうよみ」という、高校3年生の男子ラップシンガー。

大谷 あ、彼、高校生なんだ!

 彼は12月にデビューアルバム『hollow world』をリリースするんですが、いち早くその音源を聴かせてもらって、マジで鳥肌が立ちました。ちょっとこれ聞いてみてください。


【ニコラップ】[sub/objective]【ぼくのりりっくのぼうよみ】

大谷 僕も最近知りました。衝撃でしたね。

 曲はメロウで心地よくて、歌もすごくうまい。でも、それだけじゃないんですよね。すごく深い文学性みたいなものも感じる。
 彼は去年の「閃光ライオット」でファイナリストになったんです。そこで披露したさきほどの「sub/objective」という曲をSEKAI NO OWARIのFukaseやサカナクションの山口一郎が「すごい」とラジオで語っていて。そこから噂が広がって、僕もそれをきっかけに知った。
※2014年までやっていた出場者が10代限定の夏フェス

大谷 そのあたりの人たちが絶賛するのもわかる気がするなあ。

 こないだ「パッチワーク」という曲が配信リリースされたんですが、これもすごくいいんです。早くも各所から絶賛を集めている。

パッチワーク
パッチワーク

大谷 彼はラッパーという立ち位置ですけれど、日本のヒップホップのシーンの文化とはまったく違うところにいますよね。

 そうですね。そこの文脈で語れる才能じゃないと思います。

大谷 「高田純次、加山雄三……おもしろみしかないヒップホップの鉱脈」で話したように、今はヒップホップシーンに新しい波がどんどん生まれている。でも、そこのシーンのアイコンになる感じじゃない。彼はどこから出てきたんですかね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Sandwich_sharp 高校生やるなー。ふたりともかっこいいー 5年弱前 replyretweetfavorite

okaka_1968  面白そうなのでリンク。 5年弱前 replyretweetfavorite

dj_arigatou 「2人の天才男子高校生がJ-POPを革新するという話」という前振りに「僕も噂は聞いてますよ。すごいやつがいるって。」と答えて、名前を聞くと「あ、彼、高校生なんだ!」と答える大谷さん。「噂に聞いてた男子高校生」は誰だったんだよ! https://t.co/6jgLwPCODs 5年弱前 replyretweetfavorite

p_mint 最近は新しい音楽をチェックしなくなったけど若い才能ある人がどんどん出てきてるのね。/cakes 5年弱前 replyretweetfavorite