中島敦「山月記」を10ページくらいの漫画で読む

中島敦の『山月記』は「詩家を志したが夢破れ、家族を捨て一人で旅に出たところ、いつの間にか虎の姿になってしまっていた男の話」です。太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知ってる有名すぎる名作を、某妖怪マンガの巨匠のタッチで「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめると、なんだかビミョーに笑える感じになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
有名文学を10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場

太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめました。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、ストーリーを忠実に再現しつつ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DrqYuto 山月記やん 約5年前 replyretweetfavorite

ushisantoasobu このシリーズ楽しい 約5年前 replyretweetfavorite

inokumatorazou https://t.co/vp5XXYKhCM 約5年前 replyretweetfavorite

zen_eno 。|ドリヤス工場 @driyasfabrik |cakes(ケイクス) 山月記。 https://t.co/RIQwWPQERK 約5年前 replyretweetfavorite