移り気は芸術家の定め? 身勝手な恋愛で曲を磨くテイラー・スウィフト

かつてテイラー・スウィフトは、同じくシンガーソングライターのジョン・メイヤーと交際していました。その実体験を綴った楽曲を聴くと、筆者は自身の恋愛体験を思い出します。彼女の体験と照らし合わせながら、芸術家と付き合う醍醐味や苦味について、考え、綴ってみようと思います。

ミュージシャンに恋した過去—テイラーへのシンパシー

シンガーソングライターに恋をしたことがある。

はじめは友人に紹介されて知り合った。彼が、現代の邦楽ができるまでの歴史について誰かと話していた様子が印象深く、後日アルバムを買い、ふつうにファンになった。また会う機会があれば、彼の音楽観を聞いてみたいと思った。半年後、別の友人から「ともだちと飲むからどう」と誘われて足を運んだら、彼がいた。そこでわたしは口説かれた。再会するまでのあいだ聴いていた彼の歌が、歌詞が、わたしの頭に浮かんで目の前の男と重なっていく。妄想がふくらみ、好意は焚きつけられ、かけ算で増幅されていくからあっという間に燃え上がった。言い寄られている快感もあったにちがいない。

それから、彼の部屋の本棚に、知っている写真集、詩集、小説を見ると共通項を見出して高揚し、その作家や写真家のロマンティックな空気を彼もまとっているように見えるのだから、もう手がつけられない。勝手に恋心はふくらんでいく。無造作に置いてあったアダルトDVDにまで感じ入るものだからどうしようもない。テイラー・スウィフトが19歳のとき付き合っていた、ジョン・メイヤーのことを歌ったという“Dear John”を聴きながら、わたしはそんなことを思い出した。

わたしが恋をした相手は、ジョン・メイヤーのように何百万枚もアルバムを売るような著名人ではないが、当時、周りの友人に名前を告げると、ファンだと言う人も少なくなかった。だから、彼と接点のある自分に特権意識を抱いたところもあったと思う。ともかく、おこがましいのは承知のうえで、彼女もきっと身勝手な男に惚れてしまう同類なのだろうと、わたしはテイラーにシンパシーを強く感じたのだ。

PHOTO:PRN/PR PHOTOS 『Taylor Swift THE PLATINUM EDITION』


恋愛対象の表現物が恋心を焚きつける

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テイラー・スウィフトの魅力が詰まったこちらの書籍も必読です!

この連載について

初回を読む
テイラー・スウィフト 乙女ごころの怨み節

鈴木みのり

『テラスハウス』(フジテレビ)のテーマソングで日本でもおなじみのテイラー・スウィフト。アルバムの総売上は4000万、シングルの総ダウンロード数は1億3000万と、全世界で売れに売れており、現在も記録を伸ばしています。しかし、テラハに対...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gebo894oeoe わかりすぎる 「表現者に恋をすると、実際のコミュニケーション以上の情報量に煽られてしまうのだ。」 |鈴木みのり @chang_minori https://t.co/JkXY4VZmkU 3年弱前 replyretweetfavorite

chang_minori 昨日の木ノ下歌舞伎の感想追加(感想じゃないけど)。小林タクシーさんをはじめて見たけど、めちゃくちゃかっこ良くて内心悶えていた。こないだの岸さんにも悶えたし、なんかもー節操ないですね。だからこういうコラムを書くんだよな( ^ω^ ) http://t.co/v6sAImAbe4 約5年前 replyretweetfavorite

VABOIYOSHIYA 人生は折り合いのつかないことだらけだ。恋愛関係が円満に終わるとは限らない。そんなときの痛みや苦しみのすきまに、きっと音楽や文学など芸術が一瞬寄り添ってくれるのだと思う。『 #taylorjp 約5年前 replyretweetfavorite

VABOIYOSHIYA 「男性が自分の経験を曲で披露すると勇敢だと言われる。女性が同じことをするとやりすぎだ、感情的だ、おかしいと言われる」『 #テイラー・スウィフト #taylorjp #テイラーアンバサダー 約5年前 replyretweetfavorite