初の書籍なのに「旅館にこもらないと書けない」と担当にのたまう 第2回

日本一「ふざけた」会社と呼ばれるバーグハンバーグバーグの社長・シモダテツヤさんインタビュー第2回。初めての単著『日本一ふざけた会社の「ギリギリセーフ」な仕事術』執筆にあたって、担当に「突き指した」「ひらがながかけない」「旅館にこもらないと書けない」「カバーをダンボールにすれば本の厚みを出せる」とむちゃくちゃなことを言い続け、しまいには担当に「この人の言ってるのが正しいのか?」と思わせるまで洗脳に成功した日々を振り返ります。

聞き手 吉岡宏(中央公論新社 特別編集部)

担当 なんか暗くなってきたので、話題、変えましょうか。苦労話とかどうでしょう。なかなか書き進まないからおよそ1年の間、2週間に1度くらいの頻度で打ち合わせしましたよね。というか、毎回その打ち合わせの場ではじめて執筆してたけど。

シモダテツヤ(以下、シモダ) 途中から執筆じゃない方にハマってしまったんです。目の前で「書いてくださいよ」と頼まれることに対して、今日はどんな書かない言い訳をしてやろうかということに。言い訳を考えるということがぼくにとって非常にクリエティブな行為だったんですよ。本を書くより、そっちのほうがずっと楽しくなっていった。

担当 ……。

シモダ ページが足りないなら、オビをダンボールにして厚みを出せば普通の本と同じ厚さで出せる、とか。あるいは、「ちょっと待って。そもそも(担当の)吉岡さんの言う本の概念が間違っていますよ。本ってギリギリ立つ厚さがあれば成立する、立てばすなわち本って言うんです」とか。他にも全く関係のない精神論とか哲学的なことを言い出して、少しずつ話題をずらしていく。

担当 あとは「ひらがな書けない」だの「すべての指を突き指したから文字打てない」とか。しかも気付くと、それに言いくるめられてしまう。聞いているうちに「あれ、この人の言っていることのほうが正しいのか?」と。シモダさん、言い訳の天才なんですよね……。

シモダ まあ、やっぱり終わらないから旅館にカンヅメさせられることになり。そもそも、それも「実は自分、旅館にこもらないと書けないタイプなんですよねえ」という文豪みたいな言い訳からはじまったんだけど。さすがにそこまで駄々をこねれば諦めるんじゃないかって。

担当 これまで一冊も書いたこと無いのに、いきなり大作家……。ただ、いまどき出版社にも「旅館泊りがけ執筆」なんてスキームは存在しない。だから困り果てて。やむなく年配編集者に相談したら「おお、久々に来たか」と(笑)。あそこがいいんじゃないか、ここならちょうどいいとか。アドバイスしてもらえました。

シモダ 結局、本当に泊まりがけで書かされることになった。しかも宿泊代、自腹ですよ!「すいませんけど、宿泊費は出しませんから」って。鬼か!

担当 そのうえシモダさん、車で旅館まで行ったために近くのパーキングに停めることになり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

徹底してふざけ、バズらせる! バーグハンバーグバーグの企画術・仕事術のすべてをここに。

この連載について

初回を読む
僕が出版して得たもの、そして失ったもの。

シモダテツヤ

日本一「ふざけた」会社と呼ばれるプロモーション会社、バーグハンバーグバーグ。営業無し、ふざけられない仕事は受けない方針でも依頼殺到。その社長、シモダ氏が振り切れた企画術・仕事術を初公開したのが『日本一ふざけた会社の「ギリギリセーフ」な...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay 有難いことに、気を利かせた取引先の方があの本をしっかり読んできてくれるんですよ。だから僕はそのたびに「いや、ぜんぜん違いますね」とこたえる。「確かに当時はそんなことを思っていたかもしれません。でも今、まったく思ってません」、と。 https://t.co/M7Hqc5yFzs 8ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 声出して笑いました。 4年以上前 replyretweetfavorite

DrqYuto 怒られたとき用に逃げ道を残しておきたい 4年以上前 replyretweetfavorite

seokyoto 面白い(笑)  4年以上前 replyretweetfavorite